2009年10月18日

「かばんはハンカチの上に置きなさい」ブックラリーでリリースしました



著者の川田さんはリクルート出身で現在はプルデンシャル生命保険のトップセールス
SANY0272.JPG

そんな川田さんが明かす、人とちょっと違う小さな工夫をまとめている本です。
といっても小手先のノウハウ集ではない!

それでいて、とても具体的で実践的という、営業活動だけではなく
社会人としての謙虚さ、基本的な姿勢を学ぶ上でとてもよい本ですexclamation

生命保険の営業マンというと、法人営業をしているヒトには関係ないと思ってしまうと・・・、

ちょっと待った!exclamation×2

全然そんなことはありません。

営業の根底にある価値観、考え方、人としての信頼される生き方とは何か?

どうすれば、お客さまから信頼を勝ち取れる人になれるか?

川田さんの経験の上にたつ貴重な書です。

私の知人の管理職の方々は、部下の営業メンバーに配ったり、必読の書にして勉強会を開催したとおっしゃっています。

とにかく契約に結びつけるノウハウ集は、世の中に、いっぱいあるでしょう。

特に、これほど不況が板についた時代では、
誰でも、営業マニュアル本はのどから手が出るほどほしいでしょうね。

しかし、本質的に間違っているのは「お客さんが欲しいものを、
満足する商品の内容や必要性を十分に知らしめるノウハウ」のことを、
ほとんどの売り手が見落としているという点ではないでしょうか?

くわえて、お客様は、特定の商品ではなく「自分の欲求を満たしてくれる相手」を
直感的にせよ
見抜いているのではないでしょうか?

いきなり商品をすすめてくる営業は、自分本位な目線しかもちあわせていないのでしょうね!

お客様は商品、サービス、会社、なにより営業マン&ウーマンの行動や考え方から
空気やストーリーを感じとる。

営業マンのもつ志(こころざし)の部分

たとえば努力家の社長は、早朝から会社に来てひと仕事を終わらせる。
そんな社長の出勤時間に待ち受けていると、努力家の社長はビックリするどころか
そんな努力を見逃さないひらめき

こんな「志」とチョッとした「エピソード」が売れる営業の陰にある

この本を読めば、あなたなりの物語が生まれるはず!

お薦めの一冊!


今日も通勤立ち読みブックラリーをお聴きいただきありがとう

目次
1章 相手目線で、ちょっと違うことをやる(土足で家に上がる営業
私たちは、「お客様」ではない ほか)
2章 「ちょっと違うこと」から気づく、大事なこと(テクニックは、人真似から始まる
真似の先に、大きな変化がある ほか)
3章 営業マン・ウーマンは弱いものである―自分の弱さを認めるということ(「夢」を本音で書き出すと、一歩前進できる
仕事に打ち込むために、家族と別居する ほか)
4章 そんな私も新人でした。営業現場で一から学ぶこと(新人時代だから持てる武器
出直しは「後日」ではなく「翌日」に ほか)
5章 営業とは、お客様と物語を作る仕事である(営業マニュアルに込められた、本当の意味
営業とお客様の頭の中は、こんなにも違う ほか)
posted by カイゼンくん at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組収録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1を10倍にするか?ゼロを1にするか?




「記事トレ!」日経新聞で鍛えるビジュアル思考力
板橋 悟 (著)

いまの時代は、1あるモノを10倍に拡大する能力より
0(ゼロ)から1を生みだす能力
のほうが大切なのではないでしょうか?

とにかく効率-効率-効率というのは、
一定の売上、一定の所得が前提になるでしょ?叫び



効率アップではのりきれないのは・・

既存ビジネスの売上アップ
新商品の拡販
新規ビジネスのたち上げ
ドラッカーも顧客を創造するといってきた!
売上ないのに、財務諸表の読み方学んでも、会社はなくなるよ!
ビジネスモデルの勉強も大切だし・・
これらは・・・
ど根性で、汗流して『目標必達』ではムリ!あせる
知恵に汗かかなきゃ!ビックリマーク

そこで、発想法のご登場!

「記事トレ!」日経新聞で鍛えるビジュアル思考力
板橋 悟 (著) は、そんなビジネスモデル発想をだれでも、即実践できる方法を教えてくれます。


昨日は、著者の板橋さんに六本木ヒルズでインタビューでしたSANY0270.jpg

板橋さん曰く、

発想を豊かに・・・というと「天才」のなせるわざとか”ヒラメキ”と思うでしょうが・・

実際には、そうではなく
発想はスキルであり、身につけることができる

頭の使い方をわかれば
いろんなアイデアがでてくるようになるひらめき電球

テレビ界で有名な五味さんのヒット商品のツボは
「ありそうでないもの」をつくる
「なさそうでないもの」をつくると
もともと売れないからないもの

ありそうでないものは既にあるものをチョッとスライドさせることがポイントだとおっシャル。

ゼロから画期的な発想をと思うと・・・ムリムリガーン

無理しないでも、組み合わせの「発明」というものがあります。


その為には、現実を良く見るが必要!

見る目を養うには、デキル人の見る目を学ぶこと!
そのコツを学ぶ術が紹介されています。

板橋さんは20代後半で営業マンになった際に営業先の
社長さんから、ふいに『なんで日経新聞読んでいるんだ?』と聞かれて
答えに窮して『一般常識として、日経くらい読んでなきゃ・・』と応えた。

「たとえば円高だとして、君の仕事にどんな影響があるのかね?」と、
続けて「僕は1面、2面は流し読みだよ・・」といわれ、ビックリします。

「何の為に日経を読むのか、君にとって必要な記事は何かを考えてみなさい」といわれたそうです。

その後、デキル社長さん達の日経新聞から見抜く目を学び、
記事の中から、ビジネスアイデアを展開する板橋ノウハウがうまれて、
ご自身が実務で活かして、今回みなさんに公開するに至った経緯と
記事トレの具体的なレッスンが公開されています。

ちかいうちに通勤立ち読みブックラリーで声をお聞きいただけますよ!
お楽しみに!(^-^)/

ーーーーーーーー
目次
はじめに 何のために日経を読むのか?
1章 できる社長の5つの教え
■入社7年目の新入社員
■「君、日経のどこ読んでるの?」
■ニュースペーパー≠ビジネスペーパー etc
2章 日経新聞を「絵」にしたら、見えてきた!
■ビジネス「絵」会話との出会い
■MITでも通用した、ビジネス「絵」会話
■図解ルールの必要性 etc
3章 「ヒト×モノ×カネ視点」でビジネスを整理する
■ビジネスとは「交換」である
■物々交換の時代、「お金」の誕生、そして「会社」の出現へ
■関係性を整理するとビジネスの構造が見えてくる etc
4章 「ビジュアル思考力」とは何か?
■「ロジカルシンキング」と「ビジュアル思考力」
■難解な数式を「絵」で解いた天才物理学者
■「ロジカル図解」と「イメージブル図解」 etc
5章 ビジュアルで理解(Fact)する―リーディングレベル1
■まず3W1Hを拾いだそう
■ダイアグラムの描き方をマスターしよう
■「わからないもの」が、わかる! etc
6章 ビジュアルで会話(Opinion)する―リーディングレベル2
■Factの交換ではなく、Opinionを持って「会話」する
■手を動かさなければ、会話のタネは蓄積されない
■ダイアグラム化でビジネスモデルが見える etc
7章 ビジュアルで発想(Idea)する―リーディングレベル3
■新たなビジネスモデルを発想する方法
■「ヒト・モノ・カネ」軸でずらす
■使えるアイデアはゼロからは生まれない etc
8章 「記事トレ!」でビジネス頭を鍛える
■「情報メディア」ではなく、「学習メディア」として日経を読む
■「無料」「事業提携」「新規参入」「業界初」に注目!
■「気づく」きっかけを作る「ヒト×モノ×カネ・リーディング」
おわりに
「記事トレ!」で、キャリアアップをショートカットしよう
付録
1 シート見本
2 「記事トレ!」練習問題
3 「記事トレ!」学習効果が高い記事30
4 お勧め図書一覧(参考文献)

posted by カイゼンくん at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

結果をだす人は・・後編リリース

インタビュー後編をリリースしました
今回の通勤立ち読みブックラリーでは

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか  美崎栄一郎 (著)を
1名様にゼントいたします。

番組「後編」最後まで、お聴きいただくとキーワードが美崎さんから紹介されます音譜

キーワードをお書きいただき
メールでinfo@kaizenhonpo.co.jpまでご応募ください
19日にしめ切ります。
どうぞよろしくお願いします。

今日も通勤立ち読みブックラリーをお聴きいただきありがとうございます。
ラベル:美崎栄一郎
posted by カイゼンくん at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組収録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

「かばんはハンカチの上に置きなさい」書評




売れる営業マン&ウーマンに生まれ変わる方法を教えてくれる本は、
沢山あります。例えば、和田裕美さんが、監訳をしている。
「セールスバイブル」
や、大塚寿さんの「法人営業バイブル」等は、
営業マンが心がけなければならないルールや、
飛び込み営業ノウハウ、クロージングのノウハウ、法人営業の商談の進め方・・・・・


こんなことが、詳しく書いてあるものだ。

しかし、川田さんが書いた「カバンはハンカチの上に置きなさい
」は、ちょっと性格が違う。
決して“売り込み”のノウハウを書いてあるわけではないが、川田さんは、
プルデンシャル生命保険のトップセールスだ。

この本では、“営業マン魂”というか、営業の職業観とでもいうべき内容になっている。

本の題名になっている「かばんの下に、白いハンカチを引く」ということは、
お客様の家に上がって商品説明をする際に、
自分のかばんの下に、白いハンカチを引くということだ。

冷静に考えれば、当たり前のことなのだが・・、
カバンは電車やカフェの中で足元に置いたり、最悪はトイレなどの床に置いたりしていますね。

それは靴で歩いている場所ですよねあせる

そう営業かばんの底はあなたの靴底と同じなのです。

ひとさまの家に上がって「土足で上がる」とは言えませんね。
なので、かばんを置くときには、ハンカチをひくというもの。
ある意味で当たり前の考え方かもしれません!?

これは、営業ノウハウといえるのでしょうかはてなマーク

川田さんは、こう言います。
とにかく、お客様を説得するためのノウハウを探している営業マンや、契約になるためだけを考えて指導する上司では、営業の仕事は長続きしません。

なぜなら、お客様は空気を感じる天才だからです

川田さんは、こう続けます仕事を離れたところで、
お客様と自分との物語をつくることだ音譜

私がこの本で、いちばん印象にのこった物語は、
お客様から帯広にお住まいのご両親を紹介され、わざわざフライトしての商談。

「わざわざすみませんね」「なるほどなるほど、では加入します」とおもいきや・・・
話は意外な展開に。
結果オーライなのですが、話はそこで終わりません。
そのご両親の口添えで帯広には100名近くのお客様が誕生するのです。

それもスゴいのですが・・・物語は、その先にありましたラブラブ

お薦めの一冊

近いうちに通勤立ち読みブックラリーでインタビューしますね
声で川田さんにお会いいただきたく!

乞うご期待!
ーーーーーーーーーーーーーーー

一度、通勤立読みブックラリーを聴いてみてください
パソコでも十分に視聴できます(iPodあれば持ち歩けます)

■番組を視聴いただくにはアップル社のソフト「iTunes」が必要です。
こちらから無料で入手できます。
http://www.apple.com/jp/itunes/download/

「iTunes」がインストールできましたら、さっそく「iTunes」を立ち上げ、ここをク
リックしてください。
■通勤立読み『ブックラリー2009』(無料番組)
http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewPodcast?id=281550237

どうぞ宜しくお願いします
感謝をこめて!
posted by カイゼンくん at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

Rally79-1:「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (後編)  【著者 美崎栄一郎さん】



この本が出版されて文房具が、あちこちの文具屋さんで
欠品が発生し、出版社のナナブックスに問い合わせが集中しているそうですあせあせ(飛び散る汗)

それぐらい、この本が読者を動かすパワーというものが、
計り知れないものがあります。
今回の通勤立ち読みブックラリーでは「結果を出す人」はノートに何を書いているのか  美崎栄一郎 (著)を1名様にプレゼントいたします。
番組「後編」までお聴きいただくとキーワードが美崎さんから紹介されます。
キーワードをお書きいただき
メールでinfo@kaizenhonpo.co.jpまでご応募ください
19日にしめ切ります。どうぞよろしくお願いします。

美崎さんは言います。

「ビジネスはノウハウを紹介の役割があるので、読んだ人が、すぐ取り込めないと意味がない。文房具はその点、すぐ日々の活動に取りこみやすい。何かやるときに、ためらってしまうようなものを題材としてはだめだと思います。」

まさにこの美崎さんの願いが、現実に起きているようです。

美崎さんのノート術は、1冊のノートに
メモ書きした内容やポストイット、写真などを貼ってしまう。
それも、お手軽に選べるキャンパスノートを母艦にすることを、
おすすめしているところがポイントですね。

さらに彼は。文房具に対する知識が豊富で、
キャンパスダイアリーというキャンパスノートのスケジュール版を
おすすめしています。

これは、普通のキャンパスノートですが、中にマンスリーやウイークリーの予定表がついていて、スケジュール管理ができるようになっているすぐれものです。

そして何といっても、ノート術の前に、
美崎さんが提唱してくれるのは、記録する目的です!

学生時代のノート術は覚えるためにノートする。
まあ、テストに合格するためのノート術ですよね。

社会人では、その正反対の目的や哲学が必要だといいます。
「忘れるために、記録する。」

この基本哲学が、目からうろこですよね。
exclamation&question

最近のようにインターネットが発達すると、
世間で記事になっていたり、統計が発表されたりしているような
二次情報は、ググってしまえば、すぐ手に入るのです。

しかし、自分自身が体験している会議や、プロジェクト活動や、勉強会や、コンサートや、食事したレストランで起きたことは、一次情報です。

一次情報は、ググっても、インターネットでは探せません。

あなたご自身が体験した生の情報だからです。こんな生の情報を次の仕事に活かしていく。
スケジュールも実績を入れていくことで、生の情報であり、一次情報といえます。
一次情報の重要性がいい尽くせない程、効率をあげるため、発想をオリジナルにしていくには重要になってきています。

そんな一次情報を気楽に、挫折することなく、とり続けること。
そんな工夫が、この本の中に紹介されています。

実は美崎さん!
築地朝食会や、山手の会などビジネスパーソンに対する勉強会を主宰して毎月200人以上の方々と、顔をあわせながら勉強会を継続している方です。

その勉強会の中で、文房具をとにかく持ち寄って自慢するというテーマで、ワイワイガヤガヤみんなで、自慢しあう勉強会を開催したこともあるそうですが、この本でも、あきれる程面白い文房具が紹介されています。

私が気が付いた、おもしろ文房具は、「風呂で使えるメモ」「雨の日にはこんなメモ」「オリジナル付箋」のつくり方、「お金持ちの気分を味わえるメモ帳」これは100万円札のメモ帳です。
みなさんの感性にあった文具類がみつかりますよ!

この本では最後にデジタルを使ったノート術ということで
美崎さんのデジタルツールへのこだわりも紹介されています。
「めんどくさがり屋のためにはイメージ検索」がポイントだとか、デジタルの使いこなし術についても視点が肌感覚です。

この点については、インタビュー後半をリリースした時に、またお話しましょう。

今日も通勤立ち読みブックラリーを聞きいただきありがとうございます


目次
●はじめに
・ノートで自分固有の経験をためる
・仕事の効率化・生産性のアップ
・社会人のノートは「忘れる」ために使う
・ノート術はビジネススキル
・デジタルツールの活用が幅を広げる

●第1章 ノートは仕事でどう使うのか?
・ノートは仕事で三冊使う
・思いつきを拾う「メモノート」
・情報の基地となる「母艦ノート」
・お勧めは綴じ形式
・リングタイプも便利
・進行管理の「スケジュールノート」
・三冊ノート仕事術

●第2章 仕事ノートの選び方・使い方
・母艦ノートの選び方
・ルーズリーフタイプは上級者向け
・高級ノートでモチベーションを上げる
・罫線の種類にも使い勝手がある
・一コンテンツ、一ページが基本
・時系列で書く
・日付を入れる
・複数のペンを使い分け痕跡を残す
・実物をそのまま貼る
・収納できるポケット作り
・ポストイットのベースステーションを創る
・付箋「超」活用術

●第3章 ノートを使った仕事術
・「プロジェクトノート」は同じページに追記する
・「予想」「実行」「結果」はペンで色分け
・付箋を使ったタスク管理術
・「企画」に活かすノート術
・移動しながらアイデアを出す技術
・競馬と同じ! 予想と結果の「会議ノート」
・「いつ誰が何をやる」の書き方
・予想と結果の「記録」が成長の原動力
・議事録をラクに書くコツ
・コーネルメソッドを会議ノートに応用してみる
・ラフなミーティングの議事録ノート
・電話メモをノートに貼る
・「出張・外出ノート」は機動力重視

●第4章 ノートを使った時間管理術
・スケジュールノートとは何か
・スケジュールは紙でマネジメントする
・予定を忘れるために使う
・書き方は「マンスリー」で一元化
・「打ち合わせ」でスケジュールを決める
・「電話」でスケジュールを決める
・「メール」でスケジュールを決める
・スケジュールを「チームで共有」する
・「WEB」でスケジュールを決める
・「バッファー」からスケジュールを決定する
・「タスクリスト」からスケジュールを決定する
・定期的に開催されるスケジュール

●第5章 自己投資のためのノート術
・自己投資は「リターン」にこだわる
・資格を取るためのノート術
・読書は「A書評」でまとめる
・実行するには「キーワード」に落とす
・もっとも簡単な読書スクラップ術
・セミナーノート術
・セミナーは人脈の釣り堀
・ノートと名刺を使った「人脈管理術」

●第6章 デジタルを使ったノート術
・面倒くさがりやのための「イメージ検索」
・ワンランク上の中面イメージ検索
・iPhoneとのリンク方法
......他

●第7章 仕事ノートに使うお勧め文房具
・ノートと組み合わせて使う、30個の文房具・デジタルツールを紹介
posted by カイゼンくん at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組収録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

なぜノートするのか?


学生時代は、覚える為に、記憶する為にノートしますね!

社会人は、根本的に逆の発想が大切!音譜

今週のスケジュール、明日の会議の議題、さっきまで参加していた会議の結果、
お客さまへのプレゼン用のパワーポイントの図解、出版社からのメールの返信、
今日の夜の勉強会の開催場所、主催者の電話番号・・・

これ全部覚えていたら・・・天才?(天災?叫び

そぉー忘れることが社会人のポイント!

頭を、テキパキきりかえること!ビックリマーク

その為には、なんといってもノートに記録する!

そぉーすれば、いったん切り替えて次に集中することができる。

その為のノート術って考えたら、たしかに大切ですね!



目次
●はじめに
・ノートで自分固有の経験をためる
・仕事の効率化・生産性のアップ
・社会人のノートは「忘れる」ために使う
・ノート術はビジネススキル
・デジタルツールの活用が幅を広げる

●第1章 ノートは仕事でどう使うのか?
・ノートは仕事で三冊使う
・思いつきを拾う「メモノート」
・情報の基地となる「母艦ノート」
・お勧めは綴じ形式
・リングタイプも便利
・進行管理の「スケジュールノート」
・三冊ノート仕事術

●第2章 仕事ノートの選び方・使い方
・母艦ノートの選び方
・ルーズリーフタイプは上級者向け
・高級ノートでモチベーションを上げる
・罫線の種類にも使い勝手がある
・一コンテンツ、一ページが基本
・時系列で書く
・日付を入れる
・複数のペンを使い分け痕跡を残す
・実物をそのまま貼る
・収納できるポケット作り
・ポストイットのベースステーションを創る
・付箋「超」活用術

●第3章 ノートを使った仕事術
・「プロジェクトノート」は同じページに追記する
・「予想」「実行」「結果」はペンで色分け
・付箋を使ったタスク管理術
・「企画」に活かすノート術
・移動しながらアイデアを出す技術
・競馬と同じ! 予想と結果の「会議ノート」
・「いつ誰が何をやる」の書き方
・予想と結果の「記録」が成長の原動力
・議事録をラクに書くコツ
・コーネルメソッドを会議ノートに応用してみる
・ラフなミーティングの議事録ノート
・電話メモをノートに貼る
・「出張・外出ノート」は機動力重視

●第4章 ノートを使った時間管理術
・スケジュールノートとは何か
・スケジュールは紙でマネジメントする
・予定を忘れるために使う
・書き方は「マンスリー」で一元化
・「打ち合わせ」でスケジュールを決める
・「電話」でスケジュールを決める
・「メール」でスケジュールを決める
・スケジュールを「チームで共有」する
・「WEB」でスケジュールを決める
・「バッファー」からスケジュールを決定する
・「タスクリスト」からスケジュールを決定する
・定期的に開催されるスケジュール

●第5章 自己投資のためのノート術
・自己投資は「リターン」にこだわる
・資格を取るためのノート術
・読書は「A書評」でまとめる
・実行するには「キーワード」に落とす
・もっとも簡単な読書スクラップ術
・セミナーノート術
・セミナーは人脈の釣り堀
・ノートと名刺を使った「人脈管理術」

●第6章 デジタルを使ったノート術
・面倒くさがりやのための「イメージ検索」
・ワンランク上の中面イメージ検索
・iPhoneとのリンク方法
......他

●第7章 仕事ノートに使うお勧め文房具
・ノートと組み合わせて使う、30個の文房具・デジタルツールを紹介

近いうちに通勤立ち読みブックラリーでご紹介します!
こう ご期待!
ラベル:美崎栄一郎
posted by カイゼンくん at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

”金”の高騰を予測していた本


基本論調は同じなのだが・・・



実際におきたことは・・米国経済の回復遅れから原油取引の決済をドル以外の通貨や
金塊で行うことが検討されているとの報道をきっかけに急騰したそうだexclamation

取引の中心となる12月物は一時1オンス=1045ドルまで上伸、取引時間中の史上最高値(1033.90ドル)を約1年7カ月ぶりに塗り替えた。

米ドルはさらに暴落してゆくのか?
私はそうは思わないけど・・
本の論調は・・・

ハイパーインフレ懸念プラス戦争/紛争が勃発とのシナリオだったと記憶?
米国通貨はもどるが、各国通貨の信用不安から先物の金に資金が集中する
だったように記憶している。

そのとき、日本はどうなるのか?

みなさんはどう思いますか?
posted by カイゼンくん at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

もう一言添えるパワー


JRグループの、お弁当や飲料の売り上げは、すでに2000億円を突破しています。これはマクドナルドや「すかいらーく」に次ぐ日本では第3位の巨大外食産業といえます

しかしこんな数字も毎日の社内販売や、お弁当売り場の皆さんの努力の結果です。
その一端を担っている。日本レストランエンタープライズ 
アドバイザーの斎藤泉さんの、インタビュー後半をリリースしました。

どの商売でも、売るモノの商品力が、絶大で、圧倒的な売上高を上げていくものも中にはありますが、
たいていは、売り方や、売っている販売員の方々の努力に依存しているわけですよね。

典型的な商品の一つが、駅弁といっていいのではないでしょうか音譜
斎藤さんは言います
お客様が、お弁当を買い求めになったときに、
「お土産ですか。」と一言添えると・・・
お客様自身がお弁当をおみやげにすることに気づきを与えると同時に、
「あのお弁当を土産に買って帰りたかったのに・・」と悔しく思われることもなくなるでしょう。
このお客様のニーズを引き出す一言、言葉のやりとり

これを彼女は「二言目の極意」と言っています

同時に心に届く「二言目」は、お客様の満足度を高めます
小さいお子様用にアイスクリームを求めなら、
「スプーンは二つにしましょうか。」と言葉を添えます。

お客様の方から、スプーンを二つください当社の前にお客様のも損でいることさせることはサービスの原点と彼女をとらえています

他にも、こんなエピソードを紹介してくれています

2人連れのお客様が、「牛肉どまん中」を三つ頂戴とおっしゃいます
女性2人連れの場合で三つ注文されるということは、ほぼ100%の確率で一つお持ち帰りのようです
ですから、「もう一つはお持ち帰りですか?」と、こちらから伺ってみます。
そうすると「そうなの。」と返事が返ってきます
その時、もし「牛肉どまん中」が、ワゴンに三つあったとして、
そして御弁当を購入したいと思っている別のお客様がいることが予測できたら、彼女は、こう言います。

「二つは、お召し上がりですね。」それに対して「そうなの」と、おっしゃるでしょう。
そこで、「ではお土産用のもう一つは米沢駅で入ってくる新しいものを持ちますがいかがでしょうか。」とおすすめします。

お弁当の賞味期限は12時間ですので、お土産用としてワゴン内にあるお弁当を渡しても
問題はありません。でも、できるだけ新しいものを持って帰るほうが、お客様としては嬉しいでしょう。

こんな気づかいがうれしくないわけがありませんよね
皆様いかが思いますか。目


posted by カイゼンくん at 10:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 番組収録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

Rally78-1:またあなたから買いたい! (前編)  【著者 斎藤泉さん】




みなさんは、ご自身のおしごとが楽しいでしょうか?

今日ご紹介する「またあなたから買いたい!」 著者の齋藤泉さんは
新幹線アテンダント!

駅弁を売ったり、お土産を車内販売している。
しかも400席の山形新幹線で187個を完売したという記録保持者。
カリスマ新幹線アテンダントさん。

彼女は、お客様への貢献意欲、販売結果への達成感、
お客様とのコミュニケーションする楽しさ
ワゴン車をお店としてみたてて店づくりをする。

そこしれぬモチベーションの源泉をお聴きいただきたい!
元気がでること間違いない!

なんと秋は寒暖が激しいので、その日の気温をみて、天候を気にしながら
お弁当、アイスクリーム、飲み物の売れ筋を予測して品揃えするそうですexclamation&question

ほかにも、彼女の視点をお話していただきました!

売れるワゴンと売れないワゴンがあるのか?
見せるワゴン作りは店づくり?
売場は人柄をあらわしているというが・・・
ひとりしか店員がいないのだから・・店(ワゴン)のきれいさ、
整理整頓は人柄か?!

齋藤さんのモットーは奇麗な店づくり!
でも、一番驚いたのは・・・定番品を売っているように見えて、いかに同じではないワゴンをしたてて、気づいていただくか!
乗車する季節が秋か夏か、日付が月末か休日か、時間帯がお昼か夕方か?
すべてを考慮してワゴンをお店にみたてて店づくりを変えるという。

3時間半の旅行をいかにプロデュースするかに腐心するダイヤ

東京をスタートした直後は、お客様は、まずいっぷく!
このタイミングでは、飲み物(コーヒー/お茶)が売れるそうです!さらに混雑を予想して大宮駅に着く前にいったん自由席を回ってくるという気配り!
その後、なんと3時間半で20万円を超える売上があるそうです!(平均は7〜8万円)だってお茶とか130円くらいのモノをうっていての売上高ですから・・スゴい!ひらめき

彼女の工夫は、日柄や、客筋が旅行者中心かビジネスパーソン中心か
などをかみして予測して、お弁当の数を決めるというのですが、
車内で予測以上に売れてしまっても、それで終わらせない!

終点から30分くらいに位置する「米沢駅」で米沢牛のお弁当をすかさず補充してもらう手だてをとり、お客様にもお土産や夜食用にお持ち帰りは「米沢駅」でおわたしできることをご案内するそうです。

経営者には「サーバントリーダーシップ」を、おもいださせてくれるだろう!
現場の一線がもっとも大切というあたりまえのことを再認識できる。

お店づくりをしている方、マーケティング関係者には、
あらためて「マーケティングとは?」を思わず考えさせられるハズ!
お薦めの一冊です!

今日も通勤立ち読みブックラリーをお聴きいただきありがとう!
 −−−−−−−−−−−−
一度、通勤立読みブックラリーを聴いてみてください
パソコでも十分に視聴できます(iPodあれば持ち歩けます)

■番組を視聴いただくにはアップル社のソフト「iTunes」が必要です。
こちらから無料で入手できます。
http://www.apple.com/jp/itunes/download/

「iTunes」がインストールできましたら、さっそく「iTunes」を立ち上げ、ここをク
リックしてください。
■通勤立読み『ブックラリー2009』(無料番組)
http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewPodcast?id=281550237

どうぞ宜しくお願いします
感謝をこめて!
posted by カイゼンくん at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組収録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

Rally77-2:いつでもどこでも「脳の集中モード」を高める シンプル・マッピング最強ノート術 (後編)  【著者 松宮 義仁さん】

通勤立ち読みブックラリーでインタビュー後編をリリースしました

松宮さんは、さっさと次の本を出版しています。
(ビックリ!)



こちらも期待の一冊!

ところで
今日はSAPジャパンで講演です。
BI(ビジネスインテリジェンス)について・・

このテーマはポッドキャストMBAでも取り上げています
よろしければ一緒に視聴してみてください
(こちらはビデオポッドキャスト)

もしパソコンにiTunesがインストールされてなければ
http://www.apple.com/jp/itunes/download/
ここから無料ダウンロード!
iTunes9もいいよ!
posted by カイゼンくん at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組収録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。