2009年09月18日

シンプルマッピング最強ノート術にであった!

今日は、朝からインタビューでした!
matsumiya.jpg
松宮さん!
超元気な、シンプルマッピング創始者!
ご自身の体験に基づいてくじけない、続けられる
発想法!ノート術としてシンプルマッピングを開発した!



私もインタビューの前にマッピングします。

連休最後には放送しますので・・
お楽しみに!
posted by カイゼンくん at 12:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

シルバーウイークにチョッと考えようか?

おはようございます!

ユニクロは16日、「ユニクロシューズ」というブランド名で靴の製造販売に本格参入すると発表した
いまさら靴か!?とおもいきや・・・

第1弾として、女性用、男性用各4種類を同日発売。
女性用はバレエシューズやブーツ、男性用はスニーカー、ブーツなどで、
価格は1990〜4990円。
柳井正会長兼社長は発表会で「従来の靴市場は高価格のブランド品と、
品質の悪い低価格品のニ極に分かれていた
」と話し、「高品質・低価格」をうたうビックリマーク

高価格のブランド品と、
品質の悪い低価格品のニ極に分かれている・・・ってほとんどのモノがそうだとおもうのだが?あせる

いや?
価格は高価なものと低価格に分かれていても品質に大差ないものもあるか?ビックリマーク

ソフトウエアーなんかそうかな?
Excelなんか有料だが・・Google Spreadsheetsなどは大差ないか?

あなたの業界はどうですか?
キャバクラ(っていかないけど・・)高級店と低価格店にわかれているのかな?

ところで・・もうすぐシルバーウイークですねにひひ

旅行に行く方も、ご自宅でくつろぐ方も
良い時間を、くつろいでいただければと思います。

そこで、旅に行く方が渋滞にはまったり、列車のなかでiPodなんかで
時間をつぶすのもおすすめですが・・・

たまにはいろいろ考えたい方に
ちょっと毛色のちがう読書をおすすめします。




ご本人に会ったので『あぁ〜深いなぁ・・』とわかったのがこの本。
徳間のもっていき方がちょっと誤解をあたえるかも知れないが・・
内容は深い。
9月と10月で都内の最高気温が5度下がるのですが・・・
気温が体感できるほど下がると飲食や衣類の消費に影響がでますね。

著者の齋藤泉氏は『商品はそのものが売れるのではなく、ヒトと状況の中で売れるのです』という。
真冬の新幹線は暖房で、かえってアイスクリームが売れるのです。
彼女は子連れの親子が買えば、『スプーンは二本ご入用ですか?』と聞く。

あなたは、どう思いますか?




あなたは「ヒトをみたら泥棒と思えるヒトか?」それとも、「信頼」しているのか?
日本人は特殊だと、どこかでおもっている方にはおすすめ!
安心できる社会ということを、あらためて考える。
薄いけど・・濃いぃ本。




厚いけど、一気読みできる。
考えることと行動することは分離できるのか?
いちど考えて?(あっ!分離しちゃいけない・・いちど行動してみて目

posted by カイゼンくん at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

1Q84はトゥエンティフォー(24)感覚で一気読み!

わたしぁ・・この手の本はめったに読まないのです
が・・読み出したら、とまらない
(フォーカスリーディングの威力かな?)


いきなり主人公のひとり青豆の登場場面で紹介され、
後半にはもう1人の主人公 天吾の会話にでてくる
”ヤナーチェック”のシンフォニエッタって 
どんなヒトでどんな曲なのか?

小交響曲 〜 シンフォニエッタ 〜




そも小交響曲ってなんだ?(ご存知のかた、教えて!べーっだ!

 レオシュ・ヤナーチェックは、1854年に生まれた。
同じ世代の作曲家に、マーラー、プッチーニなどがいるらしい。

聴いてみると・・結構いいかも?私は好きだな!
村上さんの趣味かな?


ところでこの本、10歳のときにであっていた天吾と青豆の
二人のその後の人生が交互に綴られていく。

その運び方、テンポがトゥエンティフォー(24)的だとおもう。
このテンポが・・一番きにいって、一気読みした!


天吾という予備校教師がディスレクシアという識字障害をもつ少女”ふかえり”
の「空気さなぎ」なる小説のゴーストライター的役割をひきうけるところから
彼の人生が狂いはじめる。

ディスレクシアはブックラリーのインタビュー6月21日リリースのRally60-1:脳が良くなる耳勉強法    (前編)  【著者 上田 渉 さん】で取り上げました。
上田さんは1Q84を読んでいたのでしょうね!


青豆は・・というと必殺仕置き人のような人生をおくりはじめている。
だが、心には天吾をしっかり抱いていた。

この二人の物語は、はたして重なりあうのだろうかと
読みすすめて行ってしまう。

村上 春樹さんの文章でいちばんのれなかったのは・・宗教団体のイメージ記述でしょうか?なんかオーム事件を彷彿とさせて..ありていな感じ?

いちばん悲しい?と感じたのは終わり方かな?- ジョージ・オーウェルの小説『1984年』の終わり方を意識しているのか?私にはわからないが・・・もう少し展望をもたせてもよかったのではと思わずにはいられない。


でも全体をつうじて不思議な物語でした。
彼の作品を過去にさかのぼって読んでみたいとおもいました。

posted by カイゼンくん at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

スペースシャトルを理解するにはこの本「会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ」



著者の齊藤正明氏に ひょんなところでお会いして
この本を手渡された!exclamation

で。。休日の夕方に上島コーヒー(UCC)のお店で
コヒーのみながら一気読み(たぶん30分以内)

しろい!ひらめき

体験型の人生論が好きだが。。ここまでいくと究極の体験論だ!exclamation&question

テレビにでる“お笑い”は笑われる為に表舞台にでてくるのだろうが・・
齊藤さんは・・exclamation&question命令でマグロ船に乗るハメになった!

まさにトホホなヒト!

今回のスペースシャトルの若田さんはやく4ヶ月も宇宙にいたが
NASAも世界中が注目してくれていたるんるん

マグロ漁船につっこまれた齊藤さんはおよ粗40日でも
だれも注視してくれていない?(イヤ実際には有人から船のFAXに、たよりがたくさん届いていたそうだわーい(嬉しい顔)

考えてみると
私たちの生活は・・・
欲しいものは、コンビニやスーパーで夜中でも
休日でも、お正月でさえも手に入るexclamation×2

船上では・・
無線機が故障しても、部品が手に入るわけが無い!
けがをしても医者がいるわけがない!
ケンカしてもにげみちがない!

なんでも自分たちで解決していくしかない!

おどろくほど漁師達は”人間的に”きているのだひらめき

たとえば、いけどもいけども海なのだが..
毎日、操業がからぶりで60万円レベルの機会損失と闘う船長パンチ

いつでも、平常心をいじできているそうだ!
それどころか齊藤!「決めなきゃ!次に行けないだろう!」と
空振りをおそれるどころか!
人生も「行き先きめなきゃ どこを漂うかわからないだろう!」と
叱咤激励してくれる!

宇宙もスゴいが!海のオトコたちも学ぶべき点がたくさんあることを
教えてくれる良書!

職場の閉塞感に悩む方には チョウおススメ!グッド(上向き矢印)
posted by カイゼンくん at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

日経一面に広告!

石田淳さんの新刊
組織が大きく変わる「最高の報酬」
ishidapaper.jpg

日経朝刊の一面下に掲載

やるな能率協会マネジメントセンター

さすがに即重版決定だ!
posted by カイゼンくん at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

ザ・チェンジ 人と職場ががらりと変る12週間プログラム:門田由貴子さんにインタビューした



しろい!

・・って、何が?

日本企業から消えてなくなったモノに対する認識が!

“場”と“チーム活性化の連結ピン”になるヒト

これがなくなったという!

ピンとくる方もいるだろう!

「チーム脳」のつくり方・・・でインタビューした清宮普美代 氏も同じ見かたをしていた。
わたしも同感だ。
実際、1000億円以下の中堅企業の顧問もしているのですが・・・・
実は、わたしは80年代は製造業に勤務していたこともある。

だから想いでがいっぱいあるんです。
ワイガヤの“場”を想いださせてくれるエピソードも・・・

新入社員のときに琵琶湖のほとりの工場購買部門に配属された。
朝から倉庫のパートさんに挨拶していたら・・・奥のほうで手招きしている方が・・・

『ハイ?』と顔をだすと・・・『私に挨拶していけ!』との由exclamation&question

おぉーexclamationここにも女番長がいるんだひらめきと合点がいったので
丁寧に東京は神楽坂生まれのパーマ屋の息子でござんす。。。とご挨拶しておいた。
この女番長さんが倉庫のこと「たな卸し」のこと。。。なんでも教えてくれた。
パートさん同士のイザコザなど いわんや、社員とパートの間のトラブルもや・・
すべてかたをつけていくのが女番長さんの存在意義であった。(カッコイイ揺れるハート

そんな存在がいつのまにか消えてナクナッタ!

そんな会社に必要なことは何だろう。。。あせあせ(飛び散る汗)

ITかな?成果報酬制度かな?


ギスギスした職場のルネッサンスexclamation×2

コレが必要だと!!ひらめき

「わかさフーズ」という中小企業を題材に物語風に語られている。
読みやすい一冊。

コミュニケーションに悩んでいるヒトには

上司との関係
友人関係
恋人との関係

すべてに共通するルネッサンスのコツが書かれている。
おススメの一冊。

近日中に通勤立読みブックラリーで放送します

PS:私も90年代に“マーチャンダイジング・ルネッサンス”って命名したプロジェクトをやったんだよね!なんか門田さんの気持ちの一端はわかるような気がする。
ラベル:門田由貴子
posted by カイゼンくん at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

デキ男なビジネスマンは茶色は着ない:インタビューした!

潜在意識にすり込まれると・・ふとしたときの

行動を支配することってありますよね・・・
(まぁ・・トラウマも、そうでしょうが・・・
お風呂に入ると口ずさむ歌、カラオケで酔っ払うとでてくる十八番の歌もそうでしょう)


茶色が刷り込まれている世代があるそうです!

今の30〜35歳の男性諸氏は・・・無意識に茶色がすり込まれているそうです。

これが面白い!



歴史的にみて96年暮れに、パフィー(Puffy)が最優秀新人賞に選ばれ
翌年はGLAYがレコード大賞優秀作品賞なんかで注目をあびたそうです・・・・

この Puffyから GLAYのあいだに定番が変ったそうです。

なんの?はてなマーク

ファッション音譜

森井さん曰く。。。定番が変ると、みんな衣類にお金を使う年なんだそうです!

そこでGLAYが登場し、こぎれいなビジュアル系バンドとして世に打ってでた!

この年の秋冬に茶のロングコートがはやったんだそうです。

しかも、茶髪が一般化したのがこの年だそうです。


なんか不思議ですよね!

近日中に通勤立読みブックラリーで放送します!
ラベル:森井良行
posted by カイゼンくん at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

自分で奇跡を起こす方法



この不況のなかで、ついてないのは“自分”だと脳裏をよぎる瞬間がありますよね!


みなさんは、ご自分の奥様が運転中の車で、自分のとなりで事故に
遭ったらどうしますかexclamation&question

運よく自分は動けても・・・病院に運び込まれた奥様は・・・
「良くて植物人間」と告げられたら・・・

ここで、ご紹介する一冊は、交通事故に遭い意識不明の奥様を
泣きながら看病していくうちに。。。


「現実から逃げるのではなくて、現実を突破していく生き方をしたい」

「学びと行動以外に問題を解決する方法はありません。」


と奮起する医師であり、夫である著者の回想をふくめて
実際にあったことからの学びの本です


いまさらこの本もないだろう!そう思う方も多いでしょう。


しかし、チョッと前に著者ご本人にお会いしたもので。。あせあせ(飛び散る汗)



極限状態に置かれた人間が、妻の待つ病院に向うバスの中で
泣きながら本を読み、オーディオブックで学びながら・・
かっこわるくあがきながら・・どうやって苦悩を乗り越え、
明るい明日をつかんだかを教えてくれます


苦しいときこそ学べ 悲しいときこそ学べ

学びと行動に執念をもっている姿は正直に感動します。


「生きていること、生きていくこと」の意味をもういちど考えたい
、幸せって何だ?


ココロをよぎるかたは、ぜひ読んでみてください。


PS:ご本人にお会いしているときは・・・
微塵もつらい過去をお話されずに海外での学びや
ご活躍のお話が続いていたので・・・輝きだけが
目につきました。

が・・・本を読んで。。。あぁ・・そういうことか!
腹におちました。
ーーーーーーーーーーーー
第一章
人生を変えた瞬間

第二章
奇跡の瞬間

第三章
引き寄せる瞬間

第四章
成長する瞬間

ラベル:井上裕之
posted by カイゼンくん at 08:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

原丈人:在り方とヴェンチャーの動機を理解せづに読了してはいけない!『新しい資本主義』




たぶん・・・MBA卒というのは・・こんな人物を言うのだろうビックリマーク

唐突にはじめたが・・この本はゼロからビジネスを立ち上げろというメッセージと
『“金融資本主義の終焉”とポストIT産業”を理解しろ!』と言っている

やさしい語り口で終始していて読みやすいです。ニコニコ

だが、この本で紹介される『金融資本主義の崩壊原因と日本へのマクロ提言』と
『公益資本主義』といっておられるビジネスモデルのいくつかを、ズバヌケタモノか
否かを議論するのもおかしい!
!?

むしろ、ビジネスパーソンとしての視点、在り方、つきうごかされる動機について
読みとくべきだろう音譜


知ったかぶりをしながら経済雑誌を読みあさり『100年に一度の・・』とかなんとか言っている
御仁には最適な本かも?



内容を吟味するより、“原丈人”という人間を理解することが大事だろう!この一冊から!パンチ!


人間60年(あれ?80年か?)生まれた己の命をどう使うかは己の人生観、世界観だろう!

この本を読めば・・・少し感じるはず!



ぁ・・・・書評ラシクいくと・・・

第一章で『金融資本主義の何が間違っていたのかと題し
アメリカMBA卒業生達が作り出した超短視眼で制御しきれない金融工学の怖さを思い知れと教えてくれます。
曰く『金融工学を駆使してファンドがマーケットで動きまわるのは、
遺伝子治療を無制限に人体実験するのと同じくらい危険だということを
しっかりとわきまえるべきだ』

一環しているのは金融は主役ではなく、産業に力を与える脇役であり、縁の下の力持ちなのだという視点だ。

第二章で『「大減税」で繁栄する日本と題して
マクロ政策を訴えている
ここらへんはマクロ経済にたいして具体的提言をしている。『1兆3000億円あればいい』なぜこの金額かは読んでみてのお楽しみ!ビックリマーク

第三章『コンピュータはもはや足枷
かつてボーランドの取締役だった方にしては乱暴な展開だが・・産業論としてIT産業がすでにピークアウトしていることをいいたいのかもしれない。これも一般の方、IT産業に詳しくない方でもついていけます。

第四章『途上国の画期的実践
ここら辺が、私には刺激的でした!バングラデシュのインターネット事業も、スピルリナというタンパク源の育成ビジネスも、ぜんぶ同じように刺激的。

ブラック・ネットは、バングラデシュで原さんのデフタ・パートナーズが
株主のいない「BRAC」というNGOと合弁してつくったインターネットプロバイダの事業会社。
「BRAC」の持株比率が4割なので、「10億円」の利益を上げたとしたら、
そのうちの「4億円」を教育・医療改善の費用に使える計算です。
これを、株式会社でやったら?・・・利益が同じく「10億円」だったとしても
法人税やら株主配当やらで、使えるのは、せいぜい「2500万円」くらいになっちゃう。

これがおもしろい!『こんなの・・・どうってことないよ!』っていう議論もあるけどね!

ソウジャナインダ!

この生き方がおもしろいんだ!たち読みでもいいから・・・読んで!ココ!

最後の五章は『公益資本主義の経営

市場万能主義への警笛として食料とエネルギーは
神の見えざる手にゆだねてはいけないと警笛を鳴らす!

この力かげんも好きだな!そしてベンチャースピリッツについて語る!

この章もいいね!

インタビューはできてないけど・・おススメの一冊です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
おススメイベント
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
*彼女にサインしていただくと・・絶対得した気分になる!
むらかみかずこ著
『できる大人の“一筆添える”技術』(ディスカヴァー21刊)
出版記念☆無料トークイベント&サイン会のお知らせ


日時;5月23日(土)13時半〜15時
場所;大盛堂書店、渋谷店
http://www.taiseido.co.jp/store/info.html
入場無料;先着50名様

著者おすすめの一筆箋、ポストカード、筆記具、切手、スタンプなどを
実際にお見せしながら、
あなたらしく「一筆楽しむ秘訣」をお伝えします。

予約申し込みは 店頭、電話(03-5784-4900)、
メール(imazekiアットマークtaiseido.co.jp)、
FAX(03-5784-6480)のいずれか。
インターネットからは、こちらから。
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P58583205

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ラベル:原丈人
posted by カイゼンくん at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

“見える化”を3倍活かそう!オーディオブック

見える化といえば・・・トヨタ、キャノンを思いだすのでしょうか?

今回カイゼン本舗が発売したオーディオブックは!

時代とともに変ってきた“見える化”の目的、そして三つの異なるモードの見える化を紹介してみました


そのみっつとは・・・
コミュニケーションの“見える化”』と
問題解決の「見える化」』と
最後に『思考と論理の「見える化」』です

TOC、6シグマ、CRM、NLPと・・・いろいろなものを
組織にそそぎ込むまえに!

現状打破の“場”づくりをしたらいかがだろう!ひらめき

それは三つの環境整備からはじめるべきだ!
1:問題の見える化
2:共通言語・共通認識
3:カイゼン進捗の見える化≒赤・黄色・青信号を見える化

もちろんITを整備していただいてもかまいませんが・・・


その前にゼヒ!
このオーディオブックで地合いをつくってみてはいかがだろう!

私が現状打破の“場”づくりのカギをにぎると思う見える化には
次のスリーモード見える化があったのです!

まず最初に『コミュニケーションの“見える化”』

これは「見える化」仕事術という本ではじめて紹介されました。
著者は 石川和幸さんで、ディスカバートウエンティワン から
 2008年年末に出版されました。 

『コミュニケーションの“見える化”』は、あなた自身との対話、
そして、あなたと周囲の人たちとのコミュニケーションの質とスピードを上げることに焦点をあてた見える化のことです。

第一世代の「見える化」といえる『問題解決の「見える化」』

この『問題解決の「見える化」』は2005年に遠藤功(えんどういさお)氏が 『 見える化―強い企業をつくる「見える」仕組み』という本を
東洋経済新報社から「現場力を鍛える」に続いて世に問うたのが、最初です。


私が第三世代の見える化にあげているのは・・・
思考と論理の見える化です。

これを「見える化」することで自分との対話がスムースにスピーディーに進むばかりか、周囲のチームメートとのコミュニケーションの質が
驚くほどよくなり、メンバー同士が、うてば響くようになるのがわかるはずです。

そんなことが、ほんとうに できるのかって?

安心してください!

実は、思考の見える化は図解をつうじて「論理の見える化」にもつながるのです。
論理の「見える化」として図解思考について解説している優れた本は『「図で考える」ことができる人できない人』をあげることができます。これは2007年にPHP研究所から出版され、著者は久恒啓一氏です。

この三冊をクロスモード・リーディングしてとりまとめたのが、
このオーディオブックです。



<オーディオブックの内容>以下の音声ファイルが分割してお聴きいただけます。

第一章:17:30:総論:三つのことなる“見える化”

第二章:22:09:ルーチン業務の”見える化”

第3章:13:53:思考の“見える化”

第4章:18:01:PDCAの“見える化”

第5章:18:32:「問題解決の“見える化”」と「論理と思考の“見える化”」

単純に書籍として『「見える化」仕事術』+『見える化―強い企業をつくる「見える」仕組み』+『「図で考える」ことができる人できない人』三冊で4140円です。

本オーディオブックは発売記念として1000円で発売スタートしていますが・・・

内容は濃いのにローコストでの販売を狙います。しかも各章で音声ファイルが分割してダウンロードできますので90分いっぺんに聴く必要はなく、区切りながらお聴きいただけます。

*このクロスモード・リーディングは新人声優と製作しています。現在は3名の声優達と商品製作を行っています。応援をよろしくお願いします。
*本製品は清水奈都美さんと製作しました。
2009年5月19日発売開始
posted by カイゼンくん at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

iPod学習法でポッドキャスト発信しよう!

ipod.jpg

オーディオブックの発売のお知らせです!

みなさんもポッドキャストをやってみませんか?音譜

ポッドキャストはローコストブランディング効果が絶大!

小さい企業や起業家こそポッドキャストで情報発信すればブランディングに有効ですよ!

メルマガと組み合わせると声やビデオ画像で伝えることができます!


実は、ここでがありますビックリマーク

5月の連休中に、このオーディオブックのβ版をお渡しした
都内の「音楽制作・企画」会社の社長さんから
『ブラジル音楽のご紹介−ポッドキャスト番組を制作・配信したい!』との申しでがありました。

しかも、紹介したブラジル音楽(サンバ・ボサノヴァなど)を
ダウンロード販売していきたいとの由。音譜

この小さな音楽制作・企画会社さんは南米音楽の版権を無数に持っていたのに・・・
CDにしてレーベルから発売する以外には流通経路も販促経路も無いと信じきっていた!

『ポッドキャスト配信であれば、驚くほど音楽紹介に向いているだけでなく・・・
機材をそろえることも、製作・配信もひかくてき手軽にできそうだ!』(社長談)


さっそく、このオーディオブックにのっている番組企画書と音声配信の仕組みについて
突っ込んだ打合せを開始しました。
6月にはポルトガル語と日本語が話せるキャストを準備して番組制作に入ります。
(これは別途 個別のコーチング費用が発生

このように、ポッドキャスト発信は、コンテンツや商品をお持ちの方々には、
おどろくほどローコストで広告製作が可能になるとともに、ブランディングに効果があります。

■技術はあるけど・・広告費はかけられない・・・
■講演なんかやったことないけど・・うちの商品を語ったらとまらない・・・
■会員様はいっぱいいるのに、DMくらいしか発信していない・・・

こんな悩みに、ポッドキャストはうってつけです!

ポッドキャスト・ノウハウを公開した31ページのテキストから抜粋して
ポッドキャストに向いている職業の例をあげると・・・

◆色に関する職業:
カラーセラピスト、花屋さん、ネイルサロン、布地・生地のもつアデヤカな色あい、繊維の持つ質感は
⇒ビデオ画像による配信に向いている

◆デザイン関係の職業:
デザイナー、美容室、アパレルショップ⇒ビデオ配信に向いている

◆パーソナル・ブランディングにむいている職業;
税理士、会計士、コンサルタント、起業をお考えのあなた!


私が、この4年間に実際にやってみて失敗て気づいたり、偶然みつけて感動してしまった
ノウハウを公開しています。
(わたしは通勤立読みブックラリー:音声番組・ポッドキャストMBA:ビデオ番組を配信しています)


一例をあげれば・・・実はビデオ・ポッドキャストを製作するのに一番おてがるなのは・・
X■■■■を使って製作することです。収録後に15分もあればWEBにアップできます。


また音声番組をつくる上で、気になる“ノイズ”や反響を取り除くのに一番おてがるな工夫は
△▼△▼△▼△▼を使うのです。

これが96分のオーディオブックにて公開され、添付の31ページのテキストで詳細に記入してあります。



私がこのオーディオブックを製作したのは、
これから起業する方々や小さな会社の経営者にポッドキャストを
つうじてブランドを確立するという発想を広め、そのノウハウをわかりやすく伝えます。
そして、ポッドキャストをつうじてブランドを確立する会社を1000社以上誕生させることに
尽くしたい
』・・・という思いで製作したのです。

・ポッドキャストを使ったビジネスを考えている方
・ブログのアクセスアップにポッドキャスティングを活用したい方
・音声コンテンツ、動画コンテンツを発信したい方
・ポッドキャストという新しい広告媒体に興味がある方
・先行したビジネスを追いかけたい方
・マーケティングツールとしてのポッドキャストを使いたい方

興味をもったら・・・ココをクリックしてください
posted by カイゼンくん at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

リスナープレゼントのお知らせ



通勤立読みブックラリーにご出演いただきました

できる大人の”一筆添える”技術の著者
むらかみかずこ さん から三名のリスナー

SANY0203.JPG


ナ!なんと むらかみ”さんの直筆 をつけて!

リスナープレゼントなのだ!揺れるハート

■応募要領
info@kaizenhonpo.co.jp
までメールにて『むらかみかずこプレゼント応募』と書いて

さらに『一筆箋に対するあなたのイメージをひと言コメントしてください』ご応募お待ちしてます!exclamation

■締め切り:5月20日(水)朝9:00締め切りです

どうぞよろしくお願いします。
ラベル:一筆箋
posted by カイゼンくん at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

アマゾンのリーダーシップ本で1位:チーム脳

ブックラリーでとりあげた「チーム脳」のつくり方
~成果を上げつづけるリーダーの仕事術~
が・・・、現在アマゾンのリーダーシップ本で1位独走中です。

http://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/505390/ref=pd_zg_hrsr_b_1_4_last

凄い!嬉しい(って?exclamation

どうぞ、みなさんも宜しく!

ラベル:チーム脳
posted by カイゼンくん at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

恐慌 第二幕:ほんとうの危機はこれから?


朝倉さんは昨年12月に『大恐慌入門』を上梓され、
今回は第二段という位置づけでこの本を出版されています。



藤巻氏は、モルガン銀行時代、東京市場で伝説のディーラーとして名をはせた著者が、
サブプライム後について、投資チャンスを書き下ろした、注目の一冊。



5月の日経平均は一時にせよ9000円台を回復したアップ
約4ヶ月ぶりの高値を見せています。この動きは本物なのでしょうか!?
日本では年金資金を投入した株価の買い支えが裏では現実です。
実はアメリカもイギリスの中央銀行による国債の大量買い支えを発表し、にわかに回復ムードも出てきています。

公的年金による6兆円近い買い支えが効く形となって表れ、
今度は逆に世間の想像よりも短期的には、上げていく流れになっていきそうです。

年金基金は本来はリバランスといって株式が上がってきた場合、
その比率を減らさなければならないので、年金基金での大量に買った株式が相場を抑える形となるはず
ですが、今はあげ賛成の意向に沿って運用していますから、
しばらくは当局も超上昇をサポートすべく売りを本格的に出すの控えてくる可能性が高いのです。


ここからが朝倉さんと藤巻健史氏の見解がまっぷたつに分かれます。

両氏とも
日本政府が介入

インフレ的政策はあたる!

円は下がる・もしくは暴落する

ここまでは論調があっているように思います。


合格朝倉さんは、
もともと今回の不況は、デリバティブの運用にレバレッジを応用したことが元凶にあると説いていますが、

合格藤巻さんは『問題はレバレッジではなく、「流動性リスクの高い商品、すなわち“売りたい時に売れない”商品に深入りしすぎたせいだ」』という論陣をはっています。

まず朝倉さんですが。。
今、おきているのは偽りの ユーフォリアであり、世界中の政府が必死になってやっているインフレ政策が、一時的に効いたことで、本質的な解決は不可能な程に不良債権は膨大です。
世界で失われた富の総額は、4900兆さらに失われたデリバティブの計り知れない損失といわれています。


こうなってくると、株式市場が実質的に機能を失います。いったいどの株を政府がいつどのくらい買うか!
この予想が株の上昇を占う決め手になります。
業績の予想など必要はありません。国の出方を予想できる人だけが儲かる形になります。
政府による市場の完全なコントロールです。←藤巻さんはこれを利用しろと?

第二の論点はリバランスです。
年金は債権や海外株式の比率を一定化させるような仕組みになっています。
従って今回のような異常な買い付けが行われると、国内株式の比率が異常に高まるわけです。
そうなれば、規定に従って株式比率を下げなければいけません。
従ってこの株の売りは、企業の業績や経済状況反映したものではなく、単に膨れ上がったポジションの調整のためだけになれるわけです。
言い換えれば年金基金が株を一生懸命買い支えてくれたということが将来は裏目になります。

第三に、インフレが起きると、後から発行された国債の方がより魅力的に見え、過去発行された債券はインフレが進む中で見劣りする商品にます。インフレの進展が早くなると、誰も怖くて国債を買うことができません。仮にインフレが2桁にのれば、即ち10%を超えれば国債の値段はハンネ以下、4分の1以下になる可能性があります。
現在世界中で5000兆円以上の債権が発行され、これを金融機関や政府中央銀行までが広く保有していると言われています。国債など債権は株のように価格リスクが大きいと思われていないことですが、制御不能なインフレが起きれば、債権の暴落が起きそのショックは株の暴落どころではないというのが朝倉さんのモデルです。

藤巻さんは円安誘導+インフレをおこすほうがよいと言っている。『個人消費を増やすためにより重要なのは、資産価格だと思います』とコメントしている。
政府の政策にそって投資すべきと・・・


う〜んビックリマーク
なんか・・本質的に金融の専門家は・・怖いね!
見えすぎているからあせるかな・・・庶民は団結して、質実剛健かな!
とにかく、『あっ!』とか『えぇ・・・叫び』ということになっても
ひらめき電球本当の友人と助け合いましょう。危機に際しては、金(金属)や食料がだいじ!

私は健康な体と、英語と、チョッと理解力が早いのとITが使えます。
だれか、ピンチには、お米を目わけてくださいね!
なんでも手伝います!ハイ!
ラベル:朝倉 慶
posted by カイゼンくん at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。