2009年12月28日

22世紀にも売れるデザイン!

ウジトモコさんへのインタビュー前半をリリース!


この本の前半で教えてくれるのは
□短期と中期の視点
■マーケティングとデザインの統合


どの会社も短期計画と中期計画が経営計画では、つねにある

しかし、ことデザインの世界ではどうだろう?
SEOとかコンバージョン率という短期志向と
中期的なブランディングの世界は別物あつかいではないか?はてなマーク

マーケティングの世界ではつい『期間限定』とか
『タイムサービス:あさ9時〜あさ11時までポイント5倍!』
などの広告とノウハウに走りがち!

短期の売上に結びつかないと、担当者は怒られる!あせる
これは大切なのだが・・・・ドーピングが短期的には筋肉モリモリでも
体をムシバムように・・・中期的に顧客基盤が確立していくか疑問?

実は、広告予算が絞られているいまこそ短期と中期をあわせて広告予算を使う必要があると、
ウジさんは教えてくれる合格

では、この短期と中期の両立する方法とは?

ウジさんのこの本では、プロモーションがそのままブランディングにつながる
には「しくみ」が必要だと教えてくれる。

その為には、チラシ、広告、キャッチコピー、POPなどを発注する方が
販促のツール類を依頼する為のフレームワークが必要だと教えてくれる!

そして、都度、つど場当たり的に依頼するのでは、効果も短期に終わりがち(/_;)/~~
なにごとにおいてもだが・・・マーケティング、デザインも戦略的視野が必要だと教えてくれる

そも、マーケティングとデザインは別もの・・・と思う方はどれくらいいるかな?
曰く、キャッチコピーの文字デザインやパンフレットのデザイン、製品のデザインなどは
それぞれの専門家に頼むモノ!

マーケティングは代理店政策やテレビや雑誌CMの世界で別物??

この問題意識が、この本の前半の山場のひとつ!

マーケティングとデザインは「べつ腹」と思っている方には
どぉーぞ!この本でご自身を試してくださいと言いたい!

どーも納得いかない御仁は・・・巻末の
「ポジショニングデザイン実践ワーク」を
ご覧あれ!


今日も通勤立ち読みブックラリーをお聴きいただきありがとう


ーーーーーーーーーーー
目次
Part1 売れるデザインのしくみを考える

1 もう、ハズレのデザインを作っている暇はない?!
検証! 間違った印象はこんなにダメージを与えてしまう
最小コスト、最短時間で作る、最強のデザイン戦略とは?

2 はずれないデザイン戦略を探せ!
デザイン戦略の「方位(direction)」を決める
デザイン戦略の「角度(reach)」を決める
デザイン戦略の「クラス(class)」を決める
デザイン戦略の「タイプ(type)」を決める
デザイン戦略の「テーマ(concept)」を決める

3 ポジショニングデザイン=トンマナ攻略のススメ
マーケティングの視点を持つ

Part2 売れるデザインのしくみを使う

1 使える、実践デザイン戦略
トーン・アンド・マナーの取扱説明書

2 実践、トーン・アンド・マナー _トーン・アンド・マナーを使う
写真を使う
グラフィックを使う
イラストやキャラクターを使う
テクスチャーを使う
コントラストを使う
ホワイトスペースを使う
フォントを使う
3 実践、トーン・アンド・マナー _デザインの印象を守る
レギュレーションを守る
リサイズ時の決まりと注意
ツール展開・メディア展開時の決まりと注意

Appendix ポジショニングデザイン実践ワーク
posted by カイゼンくん at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組収録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。