2009年10月18日

「かばんはハンカチの上に置きなさい」ブックラリーでリリースしました



著者の川田さんはリクルート出身で現在はプルデンシャル生命保険のトップセールス
SANY0272.JPG

そんな川田さんが明かす、人とちょっと違う小さな工夫をまとめている本です。
といっても小手先のノウハウ集ではない!

それでいて、とても具体的で実践的という、営業活動だけではなく
社会人としての謙虚さ、基本的な姿勢を学ぶ上でとてもよい本ですexclamation

生命保険の営業マンというと、法人営業をしているヒトには関係ないと思ってしまうと・・・、

ちょっと待った!exclamation×2

全然そんなことはありません。

営業の根底にある価値観、考え方、人としての信頼される生き方とは何か?

どうすれば、お客さまから信頼を勝ち取れる人になれるか?

川田さんの経験の上にたつ貴重な書です。

私の知人の管理職の方々は、部下の営業メンバーに配ったり、必読の書にして勉強会を開催したとおっしゃっています。

とにかく契約に結びつけるノウハウ集は、世の中に、いっぱいあるでしょう。

特に、これほど不況が板についた時代では、
誰でも、営業マニュアル本はのどから手が出るほどほしいでしょうね。

しかし、本質的に間違っているのは「お客さんが欲しいものを、
満足する商品の内容や必要性を十分に知らしめるノウハウ」のことを、
ほとんどの売り手が見落としているという点ではないでしょうか?

くわえて、お客様は、特定の商品ではなく「自分の欲求を満たしてくれる相手」を
直感的にせよ
見抜いているのではないでしょうか?

いきなり商品をすすめてくる営業は、自分本位な目線しかもちあわせていないのでしょうね!

お客様は商品、サービス、会社、なにより営業マン&ウーマンの行動や考え方から
空気やストーリーを感じとる。

営業マンのもつ志(こころざし)の部分

たとえば努力家の社長は、早朝から会社に来てひと仕事を終わらせる。
そんな社長の出勤時間に待ち受けていると、努力家の社長はビックリするどころか
そんな努力を見逃さないひらめき

こんな「志」とチョッとした「エピソード」が売れる営業の陰にある

この本を読めば、あなたなりの物語が生まれるはず!

お薦めの一冊!


今日も通勤立ち読みブックラリーをお聴きいただきありがとう

目次
1章 相手目線で、ちょっと違うことをやる(土足で家に上がる営業
私たちは、「お客様」ではない ほか)
2章 「ちょっと違うこと」から気づく、大事なこと(テクニックは、人真似から始まる
真似の先に、大きな変化がある ほか)
3章 営業マン・ウーマンは弱いものである―自分の弱さを認めるということ(「夢」を本音で書き出すと、一歩前進できる
仕事に打ち込むために、家族と別居する ほか)
4章 そんな私も新人でした。営業現場で一から学ぶこと(新人時代だから持てる武器
出直しは「後日」ではなく「翌日」に ほか)
5章 営業とは、お客様と物語を作る仕事である(営業マニュアルに込められた、本当の意味
営業とお客様の頭の中は、こんなにも違う ほか)
posted by カイゼンくん at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組収録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130590518

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。