2009年10月10日

Rally79-1:「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (後編)  【著者 美崎栄一郎さん】



この本が出版されて文房具が、あちこちの文具屋さんで
欠品が発生し、出版社のナナブックスに問い合わせが集中しているそうですあせあせ(飛び散る汗)

それぐらい、この本が読者を動かすパワーというものが、
計り知れないものがあります。
今回の通勤立ち読みブックラリーでは「結果を出す人」はノートに何を書いているのか  美崎栄一郎 (著)を1名様にプレゼントいたします。
番組「後編」までお聴きいただくとキーワードが美崎さんから紹介されます。
キーワードをお書きいただき
メールでinfo@kaizenhonpo.co.jpまでご応募ください
19日にしめ切ります。どうぞよろしくお願いします。

美崎さんは言います。

「ビジネスはノウハウを紹介の役割があるので、読んだ人が、すぐ取り込めないと意味がない。文房具はその点、すぐ日々の活動に取りこみやすい。何かやるときに、ためらってしまうようなものを題材としてはだめだと思います。」

まさにこの美崎さんの願いが、現実に起きているようです。

美崎さんのノート術は、1冊のノートに
メモ書きした内容やポストイット、写真などを貼ってしまう。
それも、お手軽に選べるキャンパスノートを母艦にすることを、
おすすめしているところがポイントですね。

さらに彼は。文房具に対する知識が豊富で、
キャンパスダイアリーというキャンパスノートのスケジュール版を
おすすめしています。

これは、普通のキャンパスノートですが、中にマンスリーやウイークリーの予定表がついていて、スケジュール管理ができるようになっているすぐれものです。

そして何といっても、ノート術の前に、
美崎さんが提唱してくれるのは、記録する目的です!

学生時代のノート術は覚えるためにノートする。
まあ、テストに合格するためのノート術ですよね。

社会人では、その正反対の目的や哲学が必要だといいます。
「忘れるために、記録する。」

この基本哲学が、目からうろこですよね。
exclamation&question

最近のようにインターネットが発達すると、
世間で記事になっていたり、統計が発表されたりしているような
二次情報は、ググってしまえば、すぐ手に入るのです。

しかし、自分自身が体験している会議や、プロジェクト活動や、勉強会や、コンサートや、食事したレストランで起きたことは、一次情報です。

一次情報は、ググっても、インターネットでは探せません。

あなたご自身が体験した生の情報だからです。こんな生の情報を次の仕事に活かしていく。
スケジュールも実績を入れていくことで、生の情報であり、一次情報といえます。
一次情報の重要性がいい尽くせない程、効率をあげるため、発想をオリジナルにしていくには重要になってきています。

そんな一次情報を気楽に、挫折することなく、とり続けること。
そんな工夫が、この本の中に紹介されています。

実は美崎さん!
築地朝食会や、山手の会などビジネスパーソンに対する勉強会を主宰して毎月200人以上の方々と、顔をあわせながら勉強会を継続している方です。

その勉強会の中で、文房具をとにかく持ち寄って自慢するというテーマで、ワイワイガヤガヤみんなで、自慢しあう勉強会を開催したこともあるそうですが、この本でも、あきれる程面白い文房具が紹介されています。

私が気が付いた、おもしろ文房具は、「風呂で使えるメモ」「雨の日にはこんなメモ」「オリジナル付箋」のつくり方、「お金持ちの気分を味わえるメモ帳」これは100万円札のメモ帳です。
みなさんの感性にあった文具類がみつかりますよ!

この本では最後にデジタルを使ったノート術ということで
美崎さんのデジタルツールへのこだわりも紹介されています。
「めんどくさがり屋のためにはイメージ検索」がポイントだとか、デジタルの使いこなし術についても視点が肌感覚です。

この点については、インタビュー後半をリリースした時に、またお話しましょう。

今日も通勤立ち読みブックラリーを聞きいただきありがとうございます


目次
●はじめに
・ノートで自分固有の経験をためる
・仕事の効率化・生産性のアップ
・社会人のノートは「忘れる」ために使う
・ノート術はビジネススキル
・デジタルツールの活用が幅を広げる

●第1章 ノートは仕事でどう使うのか?
・ノートは仕事で三冊使う
・思いつきを拾う「メモノート」
・情報の基地となる「母艦ノート」
・お勧めは綴じ形式
・リングタイプも便利
・進行管理の「スケジュールノート」
・三冊ノート仕事術

●第2章 仕事ノートの選び方・使い方
・母艦ノートの選び方
・ルーズリーフタイプは上級者向け
・高級ノートでモチベーションを上げる
・罫線の種類にも使い勝手がある
・一コンテンツ、一ページが基本
・時系列で書く
・日付を入れる
・複数のペンを使い分け痕跡を残す
・実物をそのまま貼る
・収納できるポケット作り
・ポストイットのベースステーションを創る
・付箋「超」活用術

●第3章 ノートを使った仕事術
・「プロジェクトノート」は同じページに追記する
・「予想」「実行」「結果」はペンで色分け
・付箋を使ったタスク管理術
・「企画」に活かすノート術
・移動しながらアイデアを出す技術
・競馬と同じ! 予想と結果の「会議ノート」
・「いつ誰が何をやる」の書き方
・予想と結果の「記録」が成長の原動力
・議事録をラクに書くコツ
・コーネルメソッドを会議ノートに応用してみる
・ラフなミーティングの議事録ノート
・電話メモをノートに貼る
・「出張・外出ノート」は機動力重視

●第4章 ノートを使った時間管理術
・スケジュールノートとは何か
・スケジュールは紙でマネジメントする
・予定を忘れるために使う
・書き方は「マンスリー」で一元化
・「打ち合わせ」でスケジュールを決める
・「電話」でスケジュールを決める
・「メール」でスケジュールを決める
・スケジュールを「チームで共有」する
・「WEB」でスケジュールを決める
・「バッファー」からスケジュールを決定する
・「タスクリスト」からスケジュールを決定する
・定期的に開催されるスケジュール

●第5章 自己投資のためのノート術
・自己投資は「リターン」にこだわる
・資格を取るためのノート術
・読書は「A書評」でまとめる
・実行するには「キーワード」に落とす
・もっとも簡単な読書スクラップ術
・セミナーノート術
・セミナーは人脈の釣り堀
・ノートと名刺を使った「人脈管理術」

●第6章 デジタルを使ったノート術
・面倒くさがりやのための「イメージ検索」
・ワンランク上の中面イメージ検索
・iPhoneとのリンク方法
......他

●第7章 仕事ノートに使うお勧め文房具
・ノートと組み合わせて使う、30個の文房具・デジタルツールを紹介
posted by カイゼンくん at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組収録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129937908

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。