2009年07月31日

「ビジネス書」のトリセツ チョッと解説  

おはようございます竹之内 です
昨日からRally67-1:「ビジネス書」のトリセツ  (前編)  【著者 水野俊哉さん】をリリースしました
iTunesからダウンロードしてお聴きください

ブックラリー活動を通じて気づいたのですが
ビジネス書の著者達には(強力)協力なネットワークが存在します

著作という『書く』ということは・・・基本的に個人ワークなのですが
出版のチャンスを得るという婚活ならぬ「本活」としての
出版社/編集者とのであい、人脈つくり
はては・・出版直後のブログ連携、アマゾンキャンペーンのコラボ体制・・

おおむかしの互助会、『たのもし』的な要素が確立されています。

ネット時代だからなのか・・自然発生的に派生しているようです。

今回の水野俊哉さんの【「ビジネス書」のトリセツ】には、そんな
ビジネス書著者達の人脈ポートフォリオまでのっています

ところで、私の比較的好きな著者さんに「WH」さんがいますが
彼女の本のつかみにはパターンがあります
あるいは彼女独特のペーソスがあります

『私は基本的に人が好きです。ものすごく大好きです。けれど慣れない人と長時間一緒にいるとちょっと苦しくなるときがあります。だからいつでもひとりになれる時間をさがしてしまう。それは子供の頃からずっとそうです』

『この本は、あなたの知的生産性、特に情報のインプットおよびアウトプットの方法を飛躍的にあげる技術を提供します。私たちは、毎日ふえていく情報洪水に頭を痛めています。書類仕事はいつでも積み上がり、インターネットでの調べものもはかどらず、メールの返事はいつまで書いても終わらない。結果、ふと気がつくといつも毎日、長時間労働。そのわりには1日終わったところで「あれ、今日も仕事が進んでいないのでは?」と感じることが日常ではないでしょうか?もちろん、私もその1人でした。』

後者はどなたの「はじめに」かわかりますか・・・

勝間さんです。
ご両人は仲良しのようですが、漢字の量も、文体もまったく異なるのがピンときますね!
それでも両者に共通のコトがあります。

何でしょう・・?

そうです・・最後に必ずご自身の回想が入るのです。
『それは子供の頃からずっとそうです』『もちろん、私もその1人でした。』

このような「はじめに」のパターンをも水野俊哉さんは6パターンにまとめて
例示してくれています。
ほかにも「目次」や章立て/構成のくせまで分析してくれています。

ビジネス書を読む目が鋭くなります。
いやイヤ。。あなたがビジネス書の企画書をもって
本活する際の指南書でもあります。

わりと『やれそうだな!』と自信をもてると思います。
一読の価値ありです!


8月1日(土曜)からアマゾンキャンペーン
ビジネス書のトリセツ キャンペーン 
8月1日〜8月3日https://www.pshonin.com/f/index.asp?i=2185114904

iTunesリンク:

posted by カイゼンくん at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組収録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124657431

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。