2009年07月30日

Rally67-1:「ビジネス書」のトリセツ  (前編)  【著者 水野俊哉さん】

mizunopaper.jpg

た・タ・exclamation

みなさんは書店で本を選ぶ際に 1章からよむだろうか?
目次から目をとおすだろうか?

ビジネス書にとって「はじめに」・・・これが、“つかみ”なんですよね!
ここにこそ、著者のエネルギーが込められている。

しかも、この「はじめに」こそ著者のパターンがみられる。
よく『かつて私もダメなXXXXでした。そんな私でも・・・XXXXになれました!その秘訣は・・・』という回想パターンがあると言えば、うなずけるだろう。

実は水野さんがみると「はじめに」も6パターンがあるそうだ!ひらめき
同様に、本の骨格である「目次」にも7パターンあるそうです。

気づかなかった!あせあせ(飛び散る汗)

読み手として この本とつきあえばビジネス書の世界観がガラッと変わる1冊ですexclamation&question

価値ある読み方の指南書るんるん

他方で書き手になりたいグッド(上向き矢印)そんなあなたには・・・
最強のビジネス書の書き方のバイブルでもある。

ビジネス書のトリセツ キャンペーン 8月1日〜8月3日https://www.pshonin.com/f/index.asp?i=2185114904

ぜひ!クリックして土曜(0:00)にアクセスして購入してください!
おすすめの1冊です

今日も通勤立ち読みブックラリーをお聴きいただきありがとう!

<目次>
Pert1:ビジネス書にだまされるな!
Pert2:ビジネス書が200%身につく読書術
Pert3:隠れたサインを見抜く「裏読み術」
Pert4:ビジネス書10大著者の「ここが読みどころ」
Pert5:ベストセラービジネス書「書き方」の法則
Pert6:TPO別必読ビジネス書はこれだ!

posted by カイゼンくん at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組収録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。