2009年07月21日

Rally63-1:デキ男なビジネスマンはなぜか茶色を着ない   (前編)  【著者 森井良行さん】

世代と、その世代のだれもが記憶している流行歌には強い相関関係が
あるように思えるexclamation

これが色となるとどうだろう?exclamation&question


スタイリングサービスを受ける前の
顧客195名にアンケートをとり

「結婚に踏み切れるほどの彼女がいない」など、
何らかの悩みを抱えている人たちが
好きな色として挙げたのは茶色でした。

1997年に茶色が流行していた。
その際に18歳〜22歳を迎えていた
世代が、どうも茶色を刷り込まれているらしいひらめき

いまのアラサー世代の潜在意識に茶色が入り込んでいる

1996年までがスポーツ系、古着っぽいビンテージ
ジーンズがパフィに代表されていた。
97年に定番カラーが変化して、ヴィジュアル系バンド
グレー”がブレークした。

別に“グレー”が茶色のロングコートをアピールしたわけではない
彼らのスーツ姿にきれい目のロングコート・ニーズがファッション界で
あわせ技で茶色ロングコートをおしだした。

同時にチャパツが大流行したのが97年からだそうだ・・・
これが茶色ロングコートを後押しした!

決して茶色がいいと言っているわけではない。
動物の皮をなめした色であり、綿やウール素材では
爺(ジジ)くさい色ではある。

はじめに 見た目で決まる「デキ男」
第1章 女性にモテる男はビジネスもうまくいく
第2章 「デキない男」はなぜ茶色を好むのか?
第3章 正しい茶系色の使い方
第4章 「似合う色」に執着する現代人
第5章 仕組まれた流行色
第6章 「デキ男」なコーディネート術

今日も通勤立ち読みブックラリーをお聴きいただきありがとう。
タグ:茶色 デキ男
posted by カイゼンくん at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組収録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123920250

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。