2009年06月13日

Rally58-2:いつだって枝豆    (後編)  【著者 児島啓介 さん】



いつだって枝豆!:児島啓介 著】



今週は月曜から発熱して!【インフルエンザか?exclamation&question
とおびえつつも出張で移動を繰り返し、
医者にいってインフルエンザ検査を受けたのは・・・

木曜日

結果は・・ただの

うっひゃぁ・・精神的にも、体も疲れましたバッド(下向き矢印)

さて、通勤立読みブックラリーでインタビューの後編をリリースしました!


彼の曲を番組導入歌(ジングル)に・・・

最初に紹介している曲は「未来の話の続きをしよう

農業体験イベントの活動家でもある「児島啓介」さんの作詞作曲によるものでするんるん

この歌の歌詞に耳をかたむけてください

忙しい日々で・・チョッとはしりすぎたかな
みちばたの花に気づかずに
雨の音に気づかずに

未来の話をしよう・・・


いまのこの瞬間に5秒に一人の子供の命が
食料不足で、飢えで命を落としていく現実があります

教育を受ける前に・・・
医療を受ける前に・・・

飢えと栄養失調で毎日4万の子供の命の灯火がついえていくのです


児島啓介さんはいいます

この曲がずっと歌い継がれていって、やがて世界を創造するような

大きな提案になってくれることが夢です。

「ありがとう」の気持ちが広がる歌として。

同時に(心の中で)歌いながら、

喜びへ、くやしさへ

つながっていく

ぼくらの未来への歌

小さな出会いはいつも足元にあるね

未来の話の続きをしよう


今日も通勤立読みブックラリーをお聴きいただきありがとう!
posted by カイゼンくん at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組収録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。