2009年06月05日

Rally57-1:好感度アップの66の法則    (前編)  【著者 田中未花 さん】

今回ご紹介する一冊は、内面のすばらしさをアピールするのに
「第一印象」をよくしよう!
第一印象は「外見」の持っていきかた、「姿勢・しぐさ」「話し方」によって変えられます。ひらめき



内面を即席で洗練化できないが、もともともっている内面のすばらしさをアピールする為に「第一印象」をよくするのはスキルしだいだと教えてくれます。業界で生き抜いてきた女性アナウンサーが教えてくれる一冊です。ひらめき


この本で紹介している代表的なスキルでは・・
「きれいな立ち方」といわれたら・・・
足を時計の12時と10時の確度にそろえて立つ
・ ・ここまでは想定内ですね!
■デコルテをはる
■口角をキュッとあげる
ってわかりますか?

デコルテは鎖骨をつなぐ両肩から胸にかけてのラインのこと。
丹田にちからいれてデコルテをはると
自然に腹筋を使っていることがわかりますね!

信号待ちでも、どこか凛として目でおわずにはいられない女性っていますね!
そんな女性に共通しているのは「姿勢の美しさ」ではありませんか?

内面からにじみでる美しさを表すのは姿勢でしょう!
その姿勢をきめているのがデコルテかな?
姿勢に自信のない方は、ぜひ!この本から「キレイな立ち方」を教わってください

著者の田中未花さん曰く
女子アナ同士の会話で「全女子アナに共通しているものは何?」って話していると
【口角をキュっかな!】だそうです。
口角をあげるだけで表情がパッと華やぐのだそうです。
お話を聴いてビックリしたのは・・口角をあげて電話にでると話声まで明るくなるそうです。
営業関係のみなさん!
電話しながら口角あげてみよう!

こんなふうに印象をよくする方法が、女性アナウンサーとしての経験をふまえて書かれた、じつに実践的な一冊でするんるん


内面の良さを魅せる重要性は、何も女性に限ったことではありません。
商談や面接など人生を左右する重要な場面で、
瞬時に相手に好感を持ってもらうためには、
ある程度の技術やテクニックは必要です。
組織をひっぱる経営者、管理職の方、営業関係者も具体的に学べる本書は一読の価値ありです。

今日も通勤立読みブックラリーをお聴きいただきありがとう!
ーーーーーーーーーーーーーーー
<目次>

1:姿勢編:
背筋をピンと伸ばす
デコルテをはる
足を時計の12時と10時にそろえて立つ
信号待ちでもだらけない
立つときは手を重ねて
ヒールは5cm まで
斜め30度に足をそろえて座る
足を組まない

2:外見編
顔に髪がかからないヘアスタイルにする
髪をかき上げない
朝5分こがおエクササイズをする
口角を上げて運を呼び込む
2ヶ月に一度はデンタルチェック
流し目をしない
アイメイクで印象づけ
美しい写真の撮られ方
枕をしない
ベストカラーを知る
歯を磨きながらスクワット
チャンスを掴む歩き方

3:発声編
まずは複式呼吸〜
おなかから声を出す。
低音で話す。
おふろで歌う
一音一音ハッキリ話す
毎日腹筋30回


4:会話編
話さず、うなづく
「私は」ではなく、「あなたは」
繰り返す
引き出しをたくさんもつ
お酒を飲んでも飲まれない。
プロのスピーチ術@絵を描くように話す。
プロのスピーチ術A間力を使う
プロのスピーチ術B三つの輪で話す。
引き算で会話する
語尾を伸ばさない
若者言葉を使わない
ベストトライアングルを見つめて話す

5:マナー編
あいさつに命をかける。
人より先にあいさつする。
出会った人の数だってお礼状を書く
贈り物に一筆添える。
手みやげリストをもつ
時間に絶対遅れない
人と会うときは携帯電話にでな
御手洗では、洗面台を拭く
御手洗が早い
人の名前を忘れない
断るときは、肯定サンドイッチで
知ったかぶりしない

6:持ち物編
お気に入りの、ペンを持つ
本物を身につける
揺れるピアスはしない
社内バッグにこだわる
三つのポーチでバックを整理する
バックには本とメモ帳
ポケットには、チョコレート
日経新聞を読む
出会いを運ぶおしゃれ部屋着


7:内面編
アホになれる
ぶりっこしない
思いきり笑う
お1人様上手である。
くさらない
こっそり習い事をする
5秒でメニューを決める。
posted by カイゼンくん at 09:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 番組収録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごく楽しみにして聴いたのですが、未花さんの音声が小さく聴き取れず残念です。
Posted by at 2009年09月06日 17:58
もうしわけありません。機材の調子がわるく、ソフトで編集を一生懸命におこないましたがこの結果におわりました!

この収録の反省にたち、以後の機材をカイゼンしました。
未花さんには、たいへんもうしわけないことをしました。
Posted by 竹之内 隆 at 2009年09月08日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120868599

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。