2009年04月15日

Rally45-1:不透明な時代を見抜く「統計思考力」 (前編) 【著者 神永 正博 先生】



■<この本の効きめ>

まず最初に生「データを見る」からはじまる
実際には、ふつうの生活のなかで「生データ」を見るヒトは
皆無に近いのではないか?

今日の朝刊でも『日経平均3日続落、100円超す下げ幅』とデカデカと訴えているが・・
3日続落の下げ幅をグラフで確認するひとは。。。どの程度おられるのか?exclamation&question


しかし、データに直接あたるだけでも、多くの偽りや、極端な報道の嘘は発見できるはず
実は、インターネットにはたくさんのデータが公開されている。

たとえば人口統計などは、国立社会保障・事項問題研究所が統計を公開してくれているひらめき
http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Popular/Popular2009.asp?chap=1&title1=%87T%

81D%90l%8C%FB%82%A8%82%E6%82%D1%90l%8C%FB%91%9D%89%C1%97%A6

神永先生のホームページにも、この本で紹介された生データへのリンク集があるひらめき
http://www.elec.tohoku-gakuin.ac.jp/kami/kaminaga/booksupport_stat_d21.html

神永先生の教えを忠実に実行するだけでも、ワンランク上の眼を持つことになるだろう!


されど、この本で圧巻なのは
第二章で「平均と分散」を解説してくれているのですが・・・
だれでも、『平均と分散』や、受験のときの“偏差値”って知っているつもりですよね!

でも・・『平均と分散』が存在しない世界がありうる!ってご存知でしたか?exclamation&question

デリバティブの価格設定原理が正規分布を前提にしていたり、ポートフォリオ理論が
分散の存在を前提にしている。

でも実際の株価では『すくなくとも分散が存在しない』ときがある!

これを“べき分布”むかっ(怒り)と教えてくれます。

私も大学院の授業で「株価の予測」を三ヶ月間、毎日の実績から三つの予測式で比較検討したことがある

が・・実は、平均と分散を前提にしていた。
(ダメだめジャン!!爆弾

本書では、「小泉改革と格差について」や「金融資産の分散投資」などデリケートな話題を統計の観点から、わかりやすくアプローチしてくれる。
しかも、数式をほとんど使わないで解説しているので面白いほ理解がすすむ。揺れるハート

なにより『もっともらしい話』には、裏がある(裏づけデータがない!)ことに気づかせてくれる良書です。


■<ブックラリーでインタビューした概要>

杜の都 仙台まで神永先生を追っかけて
行ってきた!
そも神永先生の前著である「学力低下は錯覚である」から
今回の本を出版するまでのいきさつを語っていただいた。

小飼 弾氏のブログからディスカバー社長の干場氏につながり、今回のキッカケがうまれたいきさつ

を教えていただき、あらためてネットの影響とヒトのつながりを考えさせられた。

投資のプロでもヤケドをする背景には統計的『前提』を疑わないといけないこと!
たとえば『分散投資すればリスクは最小化される』も
そもポートフォリオにいれる株価や債権の価格分布が平均と分散をもつことが大前提だ!

しかし、その前提がクズレルことが、わりと頻繁におきていることをお話していただいた!

金融経済の未来を予測することがなぜ難しいのか?
“ブラックスワン”といわれる前例のない事象が、べき分布といわれる
予想外の頻度で発生するとうことを教えていただいた。

今日も通勤立読みブックラリーをお聴きいただいてありがとうございます

■<この本が効く読者>
『週刊東洋経済』とか「週刊ダイヤモンド」など
通勤途中で読んでおられるというビジネスパーソンのみなさん!
日経BPの雑誌を講読しておられる方々!

あなたにおススメの1冊です

なぜなら『だれかが書いたデータの解釈をよまされている』方々への警笛の書だからです!

また、統計って数式が苦手という方、必読です!
この本は数式なしで!飛行機事故が立て続けにおきるわけや株価の変動を読むことを
教えてくれます。

コンサルタントでパワーポイントでの絵柄は得意だけど
説得力がイマイチ!の方にも最適!
データをプレゼンに活かしてみてください!


■<MBA講師の視点>

理系頭の神永先生が文系の話題を、統計を使ってわかりやすく解きほぐしてくれる良書だ!
けっして政治的思想書ではない!

うまいのは・・・
*株価の動きは読めるのか?
*日本の出生率は上がるのか?
*中国の繁栄はいつまで続くのか?

などの問いかけに、うまく解答している。
これは先生のセンスか?編集のテクニックなのか?

ロジカルな議論のしかたについても将来への夢を語っておられる。
一歩ずつ真実と理解をふかめていくオープンな議論のあり方に先生は期待しておられる。

ブログ炎上という、匿名性からくる攻撃的で議論をないがしろにすることを
神永先生流で言えば『正気の沙汰ではない!』だろう。

誰でも・・・信じている(と思われる)し、疑っていること。。

*若者の読書離れ
*小泉内閣の格差拡大説
*連続殺人事件や飛行機事故がひとたびおきると連続する裏にはなにか関係があるのか?

こんな身近な話題に統計という切れ味鋭い
ナイフで切り込んでおられる。


マスコミだけじゃなく、会社の超ベテランが言う
『それはうちには向かない!』とか『昔もやってみたが。。ダメだった!』はウタガッタほうがいい!たらーっ(汗)

そこにも、自分で裏をとって、見える世界を変えていかなきゃダメだろう!exclamation×2

「生データ」の重要性を再確認しよう。
posted by カイゼンくん at 18:16| Comment(0) | TrackBack(2) | 番組収録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117519241

この記事へのトラックバック

伊那食品工業 50周年
Excerpt: リストラなしの「年輪経営」 [著]塚越寛 ‎11 時間前‎著者が経営する伊那食品工業は、創業以来、48年連続で増収増益を記録し...
Weblog: 話題沸騰!芸能界新着ニュース速報
Tracked: 2009-04-15 22:18

伊那食品工業 価格について
Excerpt: 社員の幸せを露骨に追求する会社 年功序列、終身雇用、低成長——伊那 ... 社員の幸せを露骨に追求する会社 年功序列、終身雇用、低成長——伊那食品工業..
Weblog: お・に・い・け・い
Tracked: 2009-04-17 23:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。