2010年02月28日

宣伝広告費がたりないと悩むのは時間のムダ!

プレスリリースはラブレター―テレビを完全攻略する戦略的PR術/野呂 エイシロウ

¥1,575
Amazon.co.jp
$"ナレッツェリア"-noro

放送作家・戦略的PRコンサルタントである野呂エイシロウさん。

前作に引き続き、イヤ今回こそテレビ広告をタにする「裏口入学的」指南書!

いまどき昼のテレビに15秒CM流すと200万円〜、夜は15秒500万円〜(実際は値引きがあるかも?)

でもこれがタダになるノウハウが満載の本!!ビックリマーク

街場のラーメン屋さん、ケーキ屋さん、商店街の組合長さん、中小製造企業のオヤジさん
問屋さん、塾経営者のかた・・・夜のキャバクラ店長さん・・

みなさん不況で客数減か、客単価減で悩んでいるでしょ!汗

このに突破口がのっています:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

実は著者の野呂さん
全国からテレビ局にきたプレスリリースを企画会議で選び、番組に活かす立場の方べーっだ!

その野呂さんが、どうやったら選ばれるか(≒テレビにとりあげられるかを教えてくれる)
だから裏口入学的指南書!

題名のうち『ラブレター』の部分が大切!


ラブレター書くときは、相手の顔を思い出しながら書きますよね
野呂さん曰く
『取り上げて欲しい番組見ながらラブレター書くようにプレスリリース書けばいい』

そうだよね!

どんな番組か知らないで書いてもねぇ・・・
どんな雑誌かわからないのにリリース送りつけても無理ムリw・・・

まずは取り上げてほしい番組をさなきゃね!

だからプレスリリースはラブレター!

でも、何を売り込んでいいかわからない?はてなマーク

こんな方には・・この本で100本ノックの章があるので読んで実践してほしい!

たとえば、その日の新聞読んで・・オリンピックのメダルの数をみて
『銀メダル』の数だけXXをご注文いただければXX%値引き

『弊社は杉花粉休憩時間を設けました。その時間に医者にいってお鼻を手入れしていただくことにした』などのタイムリーな話題を自社の製品や制度にひっかけてプレスリリースにするコツがわかる。


さらに100本ノックの真髄は・・数をこなせば、コツが分かる!
野呂さん番組でも言っているけど『イチローも途方も無いくらい繰り返しバットを振るわけでしょ』

そうですよね!

あっ細かいノウハウも、けっこうのっています。
書き方として、写真の使い方、紙の大きさ、封筒の大きさ・・・などなど


今日も通勤立ち読みブックラリーをお聴きいただきありがとう


テレビで売り上げ100倍にする私の方法 (講談社BIZ)/野呂 エイシロウ

¥1,260
Amazon.co.jp
posted by カイゼンくん at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組収録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

「悔いのない人生」 初心者はこれを読むべし!

映画ロッキーを観たら、『つい応援してしまう』心理が思い出せますか?
オリンピック選手の涙を見たら、たとえ敗戦の弁であろうと、勝利の雄叫びだろうと
つい共感してしまうのは・・・まぜだろう?はてなマーク


私は、悔いのない戦い!!そこまで自分を追い込んだ「」というものが
私たちの心に働きかけてくるように思う目

明日、会社がなくなっても、自分の名前で勝負できますか?/川上 徹也

¥1,449
Amazon.co.jp

たんなる野望・野心と「志」は微妙に違うのがわかりますか?

悔いの無い人生には本気の「志」がある。
また来世に『同じ人生を繰り返すことが受け入れられるか?』と
問われたときに・・・『あれがあったからこそ、今の自分がある』といえる
何かがあれば・・・

それが「志した」モノ、ことと遠くはなれていたとしても
あなたは受け入れられるのではないか?
(ニーチェの永劫回帰だよσ(^_^;))

川徹さんとお会いして、話をきくうちに・・・・
その「志」について考えさせられた音譜

まずはポッドキャストをお聴きくださいませ
通勤立ち読みブックラリーはこちらから!

posted by カイゼンくん at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組収録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

未来思考


現在の日本の直面している様々な問題を、未来に向かって考えさせる本といえよう。
最初は、少子化や、グローバル化、技術の進歩とか子供を産む/産まない、失業問題や、貧困問題といった個別の問題を神長先生が、持ち前の統計思考を使って解説している本かと思った。

しかし、裏切られた。

すべてが日本の未来を考えるためのパーツだった。
正確にいえば、我が国の未来をよくする為には「少子化」からくる問題は、はたして「問題」なのかを考えさせてくれる一冊。

年寄りは都市にいた方が幸せか?
生活水準が維持できれば結婚は幸せか?
晩婚・晩産化は医学の進歩で問題なくなったか?
最低賃金があがれば安泰か?

「考える」題材をシャワーのように与えてくれる。

人間が、未来について語るとき、つい明るい未来を展望するものではないだろうか

ちょうど今、バンクーバーオリンピックが始まったばかりだが、誰もが、「上村愛子」選手に期待しており、誰もがフィギュアスケートの浅田真央選手の勝利を期待している。
そこには、未来への希望や、のぞみがある
厳密な確率論から未来予測しているわけではない。

「勝つかな?」ここから「勝って欲しいな」「いや、「きっと勝つ」に変わってしまうものだ。

そうです。スポーツでは、希望と確率的な未来への展望がごちゃまぜになってしまうものです。

本書は、日本の置かれている現状と、その未来について地味でも確度の高い予測を積み上げています
そして、少子化と結婚、都市と高齢化、失業と貧困及びグローバル化について個別に未来への展望を行うとともに、第9章において、「日本は変わるのか」という章で、日本の生産性を上げていく戦略とその要素について考える礎を提供してくれます

神永先生はいいます、「少子化は、本当に問題でしょうか。都市への集中と高齢化は、問題なのでしょうか。少子化を問題としてとらえ、そこで生まれる問題は、少子化を解消しなければ解決できないというものなのでしょうか」

先生は、人口政策に関して言えば、ルーマニアのチャウシェスク大統領の政策例を上げています。かつてチャウシェスク大統領は、「国力は人口である。」という考えのもと過激な人口政策を実施したのです。
例えば、法律で人工中絶を厳しく制限しました。また、子供のいる家庭に月給が27%増えるようにし、三番目の子供が産まれればボーナスが支給されるように、インセンティブを無理やり生み出したのです。
しかし、結果は、経済も発展しないし子供を育てられない貧困な家庭が続出してしまいます。結局、子供たちは街に捨てられ、”チャウシェスクの子供たち“と呼ばれるルーマニアの孤児が、道に溢れかえりました。

まず本書を読めば
新聞や週刊誌で「問題視」されていることを再度、考えるチャンスをくれます
個別にウヤムヤにしてきた「問題」が、からんで日本の未来にどんな影響をあたえるのか考える道筋を与えてくれます

SONYがキンドル−対抗商品をアメリカで先行発売しなければいけない自体に、疑問をもたなかった“あなた”
新聞を読んでいない方、
新聞社は、まだまだ潰れないと思っている方、
中国には失業なんてない!?と思っている“あなた”

この本を読むべきです!
オススメ!
たしか神永先生は海外(インドか?)で教鞭をとるご予定があり、インタビューできないかもしれませんが・・・ブックラリーで紹介したいですね!
タグ:神永正博
posted by カイゼンくん at 18:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

会社って楽しい?


会社って楽しい?

会社って楽しい?

  • 作者: 美崎 栄一郎
  • 出版社/メーカー: ビジネス社
  • 発売日: 2010/01/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





アヴァンギャルドなビジネススタイル啓蒙書だ。

なにが、アヴァンギャルド≒前衛的かというと

何か・・・
合格フレームワークや発想法のようなXXメソッドへの「勉強会ライフ主義」という反逆

キスマークビジネス書の堅苦しい”権威”に対する「ゆるさ」の訴求

ひらめき電球何かを解説するビジネス書特有の第三者視点から「コピーとりの女子社員マユ、ユウ」目線、営業マンのノリトくん目線、サーファー部長ユミコ目線という主観視線≒アイ視点で書いている小説風テイスト

これがこの本の反逆要素だろう。

帯に「ありそうでなかったビジネス書」とあるが・・・そうだとしたら
やはりアヴァンギャルドなビジネススタイル啓蒙書だといえる。

著者の美崎さんは築地朝食会など多くの勉強会を主催するスーパーサラリーマン!
彼だからこそかける目線かもしれない。

ビジネス書も効率アップの方法や時間管理のITツールなどを紹介する視線の本を読んで
何かを知りたいから、
実際に「勉強会」ライフを実践している人たちの仲間≒知的肉食派
に加わるにはどうすればいいのか?

そんな現代的な集団のラフスタイルを読み解く本だ。

結果的に行動することを「ゆるく」促すのが、この本の真骨頂だろう!

巻末の登場人物をみて、自分に重なるなぁ〜と思うヒトたちにおすすめ!
(つまり”あなた”だ!)

あなた”におすすめの一冊です

通勤立ち読みブックラリーで紹介したいですね!ハイ!
タグ:美崎
posted by カイゼンくん at 08:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 番組収録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。