2009年05月30日

Rally56-1:仕事は上司との関係が9割    (前編)  【著者 高城幸司  さん】


転職理由の第1位「キャリアアップしたい!」


だが、その本音の1位は「上司との人間関係」・・・つまり、上司と合わないことによる

しかし、上司と親は選べない!

「なんでこんなやつといっしょに仕事を、しなきゃならないんだexclamation!」

などと不満を感じ合うのは、どこでもよくある話なのです。

日本では、上司が部下をマネジメントする
この一方通行のマネジメントだけ存在すると信じている。

教育もその方向だけで行われています。

しかし、実は、上司は、あなたがマネジメントして仕事も成功させ、
将来へのステップアップも上司に協力を得てこそ現実的になるのです

そんな上司にモテる自分になりたい_“あなた”!
そんなあなたにおすすめの1冊です。

「いいなぁ・・あいつは、俺の上司もあんな人だったらいいのに」と思うかもしれませんが、これも隣の芝生で同僚も
あなたの上司を見て
「あの人いいなぁ…」と 同じように考えているかもしれません。



まず、自分がまかされている仕事に不満のある方!

あなたは、上司からモテていますか?。

実はおいしい仕事ほどモテ部下に回されるようになっているのです。

その上司にモテる部下の3要素を著者の高木さんは
こう言っています。

1:「存在感のある部下」であること
2:「余裕がある部下」であること・・・つまり涼しい顔で仕事していること
3:「先を読む力がある。」、、上司の期待を予測して動くことができる

つまり、次の仕事を予期して準備し、その準備内容を短時間でアピールできることがポイントになってくる。

アピールする際には「明確であること」「前向きであること」そして「謙虚に行動する」ことが望ましいのです

しかし・・・、上司にもいろいろあるので、この本では4パターンに上司を分類しています。

1番目は政治家タイプ。:権力や権威主義者です
人間関係は敵か味方かで分類し、自分を超える部下は邪魔な存在ととらえています。

2番目が芸術家起業家タイプ。:何でも自分でやりたい 理想家

3番目、職人教師タイプ。:規則とか原則主義者。規則を守っていれば、あとは指摘しない

4番目:評論家タイプ:裏があり、情報ツウ。社内フィクサーでもある

それぞれのパタンの上司にモテるコツを教えてくれています。


転職しようかな?・・と考えたら お勧めの本です。

以下の本と読み比べるといいかも
(クロスモード・リーディング)


上司に「仕事させる」技術―そうか!ボス・マネジメント



上司をマネジメント :
村山 昇 (著)



今日も通勤立読みブックラリーをお聴きいただきありがとう
ラベル:モテ部下
posted by カイゼンくん at 15:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 番組収録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分で奇跡を起こす方法



この不況のなかで、ついてないのは“自分”だと脳裏をよぎる瞬間がありますよね!


みなさんは、ご自分の奥様が運転中の車で、自分のとなりで事故に
遭ったらどうしますかexclamation&question

運よく自分は動けても・・・病院に運び込まれた奥様は・・・
「良くて植物人間」と告げられたら・・・

ここで、ご紹介する一冊は、交通事故に遭い意識不明の奥様を
泣きながら看病していくうちに。。。


「現実から逃げるのではなくて、現実を突破していく生き方をしたい」

「学びと行動以外に問題を解決する方法はありません。」


と奮起する医師であり、夫である著者の回想をふくめて
実際にあったことからの学びの本です


いまさらこの本もないだろう!そう思う方も多いでしょう。


しかし、チョッと前に著者ご本人にお会いしたもので。。あせあせ(飛び散る汗)



極限状態に置かれた人間が、妻の待つ病院に向うバスの中で
泣きながら本を読み、オーディオブックで学びながら・・
かっこわるくあがきながら・・どうやって苦悩を乗り越え、
明るい明日をつかんだかを教えてくれます


苦しいときこそ学べ 悲しいときこそ学べ

学びと行動に執念をもっている姿は正直に感動します。


「生きていること、生きていくこと」の意味をもういちど考えたい
、幸せって何だ?


ココロをよぎるかたは、ぜひ読んでみてください。


PS:ご本人にお会いしているときは・・・
微塵もつらい過去をお話されずに海外での学びや
ご活躍のお話が続いていたので・・・輝きだけが
目につきました。

が・・・本を読んで。。。あぁ・・そういうことか!
腹におちました。
ーーーーーーーーーーーー
第一章
人生を変えた瞬間

第二章
奇跡の瞬間

第三章
引き寄せる瞬間

第四章
成長する瞬間

ラベル:井上裕之
posted by カイゼンくん at 08:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。