2009年05月21日

原丈人:在り方とヴェンチャーの動機を理解せづに読了してはいけない!『新しい資本主義』




たぶん・・・MBA卒というのは・・こんな人物を言うのだろうビックリマーク

唐突にはじめたが・・この本はゼロからビジネスを立ち上げろというメッセージと
『“金融資本主義の終焉”とポストIT産業”を理解しろ!』と言っている

やさしい語り口で終始していて読みやすいです。ニコニコ

だが、この本で紹介される『金融資本主義の崩壊原因と日本へのマクロ提言』と
『公益資本主義』といっておられるビジネスモデルのいくつかを、ズバヌケタモノか
否かを議論するのもおかしい!
!?

むしろ、ビジネスパーソンとしての視点、在り方、つきうごかされる動機について
読みとくべきだろう音譜


知ったかぶりをしながら経済雑誌を読みあさり『100年に一度の・・』とかなんとか言っている
御仁には最適な本かも?



内容を吟味するより、“原丈人”という人間を理解することが大事だろう!この一冊から!パンチ!


人間60年(あれ?80年か?)生まれた己の命をどう使うかは己の人生観、世界観だろう!

この本を読めば・・・少し感じるはず!



ぁ・・・・書評ラシクいくと・・・

第一章で『金融資本主義の何が間違っていたのかと題し
アメリカMBA卒業生達が作り出した超短視眼で制御しきれない金融工学の怖さを思い知れと教えてくれます。
曰く『金融工学を駆使してファンドがマーケットで動きまわるのは、
遺伝子治療を無制限に人体実験するのと同じくらい危険だということを
しっかりとわきまえるべきだ』

一環しているのは金融は主役ではなく、産業に力を与える脇役であり、縁の下の力持ちなのだという視点だ。

第二章で『「大減税」で繁栄する日本と題して
マクロ政策を訴えている
ここらへんはマクロ経済にたいして具体的提言をしている。『1兆3000億円あればいい』なぜこの金額かは読んでみてのお楽しみ!ビックリマーク

第三章『コンピュータはもはや足枷
かつてボーランドの取締役だった方にしては乱暴な展開だが・・産業論としてIT産業がすでにピークアウトしていることをいいたいのかもしれない。これも一般の方、IT産業に詳しくない方でもついていけます。

第四章『途上国の画期的実践
ここら辺が、私には刺激的でした!バングラデシュのインターネット事業も、スピルリナというタンパク源の育成ビジネスも、ぜんぶ同じように刺激的。

ブラック・ネットは、バングラデシュで原さんのデフタ・パートナーズが
株主のいない「BRAC」というNGOと合弁してつくったインターネットプロバイダの事業会社。
「BRAC」の持株比率が4割なので、「10億円」の利益を上げたとしたら、
そのうちの「4億円」を教育・医療改善の費用に使える計算です。
これを、株式会社でやったら?・・・利益が同じく「10億円」だったとしても
法人税やら株主配当やらで、使えるのは、せいぜい「2500万円」くらいになっちゃう。

これがおもしろい!『こんなの・・・どうってことないよ!』っていう議論もあるけどね!

ソウジャナインダ!

この生き方がおもしろいんだ!たち読みでもいいから・・・読んで!ココ!

最後の五章は『公益資本主義の経営

市場万能主義への警笛として食料とエネルギーは
神の見えざる手にゆだねてはいけないと警笛を鳴らす!

この力かげんも好きだな!そしてベンチャースピリッツについて語る!

この章もいいね!

インタビューはできてないけど・・おススメの一冊です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
おススメイベント
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
*彼女にサインしていただくと・・絶対得した気分になる!
むらかみかずこ著
『できる大人の“一筆添える”技術』(ディスカヴァー21刊)
出版記念☆無料トークイベント&サイン会のお知らせ


日時;5月23日(土)13時半〜15時
場所;大盛堂書店、渋谷店
http://www.taiseido.co.jp/store/info.html
入場無料;先着50名様

著者おすすめの一筆箋、ポストカード、筆記具、切手、スタンプなどを
実際にお見せしながら、
あなたらしく「一筆楽しむ秘訣」をお伝えします。

予約申し込みは 店頭、電話(03-5784-4900)、
メール(imazekiアットマークtaiseido.co.jp)、
FAX(03-5784-6480)のいずれか。
インターネットからは、こちらから。
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P58583205

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
タグ:原丈人
posted by カイゼンくん at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セカンドオピニオンを求めるならクロス・モード・リーディングを活用すべし!

首都圏で初めて新型インフルエンザ感染が確認されたそうですが・・・・
疑わしいヒトにはサーモグラフィーで熱をチェックし、簡易検査をほどこし、
その後、病院で精密検査といった・・・・複数の視点でチェックが入りますよね!ビックリマーク

医療の世界で「セカンドオピニオン」という複数の視点でチェックすることがあたりまえになっているのはご存知ですよね。

同様に、ビジネス書を読んだあとで、『この著者の言っている主張は偏っていないか?』
『他の専門家の言う視点とはどう違うのか?』このように「疑う」とか「問いを立てる」とか、
「仮説を立てる」という思考過程でセカンドオピニオンを常に意識する必要性
がありますね

つまり、マインドマップやシンプルマッピング等で、1冊の本の内容をまとめたとして・・・、
それは1人の著者の“意見”や“考え方”、“一つのノウハウ”が、まとめられたにすぎません。


この事も尊いことなのですが、同じジャンルの他の著者による、別の意見、
違うやり方をさがしだし、それを、すでにまとめた本の考え方やノウハウと
比較しながら読む必要性がありませんか?


そんなこといわれても・・・・と思った“あなた目


あなたが探し出す必要性はありません。

あなたに代わって、私が同じジャンルでも違う視点を持っている著者をさがしだします。

だって毎月十数名の著者に直接インタビューし続けているのですから音譜

自然に、同じテーマでも、違う考え方、ノウハウをお持ちの著者と出逢うようになっています。
そして、異なる視点どうし、異なるノウハウどうしを比較し、わかりやすく解説したものが・・・・

今回発売している“見える化”クロス・モード・リーディングのオーディオブックです。

あなたの興味と関心のテーマの中に、「コミュニケーション」、「論理的思考」、「問題解決・・・こんなキーワードがあがってきませんか?。

もし、この三つのキーワードを「見える化」というテーマで、まとめてみたとしたらいかがでしょう
それが見える化を3倍活かそう!】というクロス・モード・リーディングのオーディオブックです。

ある意味では、1冊ずつのオーディオブックを聞くというよりは、3冊分のセミナーを耳からインストールしていただく。
そんなオーディオブックの性質を持っているかもしれません。結果的に、複数の著者の“考え方”を「組み合わせた」セミナーを聞いていただくようなものです。

従って、複数の著者の“アイデアの組み合わせ”を、このオーディオブックから学べるということです。
もし、皆さんが本気で「ビジネス脳」を鍛えた結果をビジネスに活かしたいとお考えでしたら・・・ぜひクロス・モード・リーディングのオーディオブックを活用してください。

例えば、「見える化についてデモ視点を“広げる”という意味で三つの異なる「見える化」を比較しています。
また、スキルを“深める”という意味でも「ルーチンワークの見える化」、「チームで取り組むプロジェクト仕事の見える化」、「クリエイティブな思考作業の見える化」といった、それぞれ仕事の性質が違う分野に対して「見える化」のノウハウを解説しています。


さぁ!気になるビジネスパーソンはココをクリック!
posted by カイゼンくん at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。